« May 2007 | Main | July 2007 »

June 28, 2007

超絶・ウグイ玉!

水曜日の時点で、週間天気予報は週末が雨だと伝えていた。

それじゃ困る、チャンスがなくなっちゃうと焦りに焦り、仕事も手に付かない状況に(^^;。結局、木曜日一日年次有給休暇を取ることを、上司に申し出た。

水曜夜の、妻との会話

おいら「明日、急遽出張になったよ。」

「あら~、大変ね。どこへ行くの?東京?」

おいら「うん、自然災害のリスク管理で、河川の防災対策の現地調査だよ」

「そんな仕事もあるの~。で、どこ??」

おいら「畑薙」

「・・・・・プッ!アハハハハ~!」

おいら「わかったぁ?」

「釣りじゃん、しょ~がないねぇ」

ということで、先週濁りのためにあきらめた本流まで、懲りずにまた来てしまった。

水の色:透明

水量:僅かに増水

天候:うす曇

最高の条件だ!釣り人も他には居ない。パラダイス間違いなし!

と思ったが、何がいけないのか、魚の反応が悪い。

入渓してすぐ、可愛らしいイワナ君がお出迎えしてくれたが、あとが続かない。

しかし、今日もウグイは元気一杯だ。

そのうち、風がやたらと強くなり、キャストも思うようにいかなくなってきた。集中力が途切れ気味になる。

Photo_10

それでも、7時間掛けて8寸あまご2尾、8寸いわな1尾、他おちびちゃんいわな5尾をキャッチ&デジタル・キープ。結果的には、今回も満足のいく一日だったかな。

Photo_11

ところで今日は、釣り以外にも、数々のトピックスがあったぞ。

Photo_6 その1:アマゴ27さんと同じように、人見知りしない雛鳥と遭遇。キセキレイかな。

Photo_7 その2:最近にぎやかな、エゾハルゼミゲット。

Photo_8 その3:カモシカと遭遇。落石をおこしやがった(怒)

Photo_9 極めつけ:超弩級元気玉ならぬウグイ玉と遭遇。繁殖期らしく、婚姻色が出てる。

おまけ:8寸あまごのリリース・シーン

| | Comments (10) | TrackBack (0)

June 24, 2007

くさいちご・もみじいちご

 土曜日の朝、まだ少し雨が残っていたが、晴れるという天気予報を信じて大井川を溯る。途中の流れは、水量・透明度とも良好。雨の影響は少なかったのかなと思いつつ、ゲートからZIPPO号に乗り換えた。2~3km走ったところで、ようやく本流が見えてきたが、なんとかなり白く濁っている。フライには厳しそうだ。ちょうど出合ったパトロールのお兄さんも、濁りがとれるのは夕方かなと言う。まあ仕方ないかなと、来た道を戻った。

         2007062315

 車で移動しながら入る渓を考える。ダメもとで入った、とある支流。4月の幸福を思い出す渓だ。入ってすぐ、小さな魚にフライを見切られた。うっ、スレてるかな。次は、小さなあまごをランディング直前にバラシ(^^;;;2007062320 こりゃ、今日はとことんツイていないかなあと思ったら、本命っぽい流れの芯でヒットした!7寸クラスのイワナだが、とんでもなく元気が良い。バレるなよ~とつぶやきながら、ようやくランディングに持ち込んだ。結構ドキドキさせてくれた本日の1尾目、これでここまで来た努力が報われた想いがした。2007062331 2尾目は、石と石に挟まれた、1辺が20cmくらいの三角形のポイントで。5mくらいの距離から1発でフライを放り込んだら、底からフッっと湧き出すように7寸イワナが出てくれた。会心のヒットだった(^o^)v

 その後、ちびあまごとイワナ2尾を追加して終了。ちょっと控えめの釣果だったけれど、満足度は高かった。山には、赤い実の草苺薄オレンジ色の木苺(もみじいちご)が沢山生っていて、遡行で乾いた咽喉を甘酸っぱく潤してくれる。山桑の実は、まだ赤く食べごろではなかったが、真っ黒く熟す頃が楽しみだ。夏至を迎えて、山は益々豊かになってきた。

Ichigo

 

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 17, 2007

ウグイ大漁~☆

              2007061623

 大井川の、とある支流、本流との合流点から暫くはザラ瀬が続いている。期待の本流では、ウグイの猛攻に辟易したのだが、ひなたのごく浅い、魚が隠れる石もないような支流のその瀬から、待望のアマゴが出た。その先、小プールの流れ込み横の、水が渦を巻いているポイントからは、小さなイワナが。そして、いよいよ山岳渓流の様相を呈する最初の淵の大岩の脇から、素晴しくグラマラスなヤマトタイプの、真っ黒く見える8寸イワナが飛び出した。こいつは、1度合わせを失敗して確かにフライにガツンと触ったはずなのに、ほんの少し間を置いただけでもう一度アタックしてきてくれた、純真無垢なヤツだった。

2007061601

 一週間前、雷雨のため現地近くまで来ていたのに諦めざるを得なかった大井川に、一人再挑戦しにやってきた。数日前、平野部ではまとまった雨が降ったので、上流部での影響が心配だったが、本流の水は澄んでいる。水量もほど良く、天気も上々。好条件が揃っていた。ワクワクしながら#15の黒パラをキャストしていく。sugiosaさんの情報によれば、魚は浅いところに居るとのこと。底が丸見えの瀬でもチャンスはあるかもしれない。2007061603_1 狙う流れで小さなアタックが何度かあって、ようやくヒットに持ち込んだ本日の1尾目は、びっくりまなこのウグイ君だった~(汗)

 そこから暫くウグイの猛攻に遭ってしまったので、気分を変えるために入った支流の様子が本日の書き出しの内容。8寸イワナのポイントから先は落差のある山岳渓流となり、プンプン匂う魚の気配に後ろ髪を引かれる思いもあったが、なんとなく疲れがたまっていて身体が重いので、そこから平坦な本流に戻った。

Photo_4

 本流では、小さなポイントも丹念に探ったため、とにかくウグイが釣れる。まあ、何も掛からないよりはいいかと釣り続ける。ちょっとしたプールにたどりつき、その流芯を攻めてみると、フライがふっと消えたと思った瞬間、1メートルくらい脇で魚が2度ジャンプ。えっ?と思ってロッドを立てると、なかなか強い手ごたえがある。向こう合わせ的に釣れてきたのは、色白美形の7寸アマゴだった。そこから上流は魚の居そうなポイントが連続して、アマゴ・イワナ・ウグイ(^^;が良いペースでアタックしてきてくれた。中でも、8寸クラスの幅広アマゴと、大井川らしい銀色イワナが嬉しかった。 銀色イワナは、見る角度によっては、全身が紫色っぽく輝いていて、パーマークは薄く白点もほとんどないというタイプだ。この美しさは、おいらの下手な写真では表現できない。興味のある方には、是非実物を見てもらいものだ。

Photo_5 

 ところで途中、4連続バラシという状態に陥ってしまったが、ふわりと浮かんでパクンとフライを喰ってくれた、なかなかの良型に対して、完璧だと思われる合わせをしたのにバレてしまった時は、思わず☆Ψξδ∵♂~!と自分でも訳のわからない言葉を叫んでしまった(滝汗)

バラシの原因は、針先が1mm程内側に曲がっていたため。多分、キャスト中に石にでも当たって曲がったのだろうけれど、3回目位で気が付いていれば、ちょっとした大物の画像を公開できたかも。まあ、おいらのブログには不釣合いということになったかもしれないが・・・。

2007061660  小さなポイントものんびり・じっくり探ったおかげで、7時間釣ったにもかかわらず、上がってみれば結局3km程しか遡行していなかった。疲労も少なく釣果は良好、また完全に先週のリベンジを果たせたという喜びで、本当に楽しい土曜日だった。

                                  ところで、梅雨はどこに行ってしまったんだろうか・・・

| | Comments (22) | TrackBack (0)

June 12, 2007

パソコンにまつわる長話

 現在、家には3台のパソコンがあって、自分はその内、ソーテックのデスクトップとNECのノートの2台を使っている。OSは両方ともWindowsXPのSP1。

 昨年のいつ頃だったかSP1のサポートが終了となったので、SP2にバージョンアップしようとしたところ、良くは判らないが、何かが障害となってプログラムのダウンロードが成功しなかった。以来、アプリケーションを削除したり、不要ファイルを整理したり、HDのメンテナンスをしながら、何度かチャレンジしたのだが、ことごとく失敗していたのだ。

 土曜日の朝、午前中は何とか釣りが出来るかもしれないと思いながら、前夜電話で約束したsugiosaさんとの待ち合わせ場所まで車を走らせた。しかし、途中から降り出した雨は雷を伴い始め、相談した結果、渓に入るのは危険であると判断せざるを得なく、家までトンボ帰りするハメになってしまった。トホホ(^^;

 ぽっかりと空いた時間、ダメ元でデスクトップPCのメンテに再挑戦してみることにした。今回は、ウイルスセキュリティというソフトをアンインストールしてやってみたらどうだろうかっΩと思いつき、登録時の各種データをメモに控えて実行。ウインドウズアップデートからプログラムをダウンロードしてみたら、何と今までどうしても先に進まなかった状態が一転した!時間はすご~く掛かったけれど、念願のSP2へとバージョンアップが成功!!ウイルスセキュリティも再インストールして、ウイルス対策も万全だ。全部で5時間を要したが、努力が報われた思いでとっても嬉しい。

          Lavie_l

 こうなるとノートもやらなくちゃと思い、同様の手順で進めたのだが、こちらはなかなか頑固者で、一向に言う事を聞いてくれない。あれやらこれやら、手を変え品を変え、色々~と試してもダメ、こりゃあ買い換えるしかないか~とつぶやきながら再起動したら、あれだけ失敗していたインストールが急に始まった(*o*)。PCも買い換えられちゃたまらんと思ったのだろうか(汗)いやいや実は、直前に完全なディスクチェックを行なったのが要因だったのだろう。成功して元の環境に戻るまでに、2日掛りで7時間を費やしてしまった。長かったなぁ~ホントに。

 ところで、今回のバージョンアップで常に頭に浮かんでいたのは、以前Win98をSEにバージョンアップした際の大失敗。その時は、OSが全く起動できなくなり、大事なデジカメデータが消失するのを承知で、HDをフォーマットせざるを得なかった(涙)そんな記憶が時々頭を過ぎるのでハラハラ・ドキドキの2日間だったけれど、結果はオーライチャレンジすることに、人生の楽しさがあるなって実感した週末だった。

 とか書いてはみたけれど・・・すでにWindowsはVistaの時代なのだ~(大爆)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 04, 2007

土曜日の幸福、日曜日の憂鬱

       20070504_071

 そろそろ雪代の心配もなくなった入梅前のこの季節、せっかく週末を過ごすのだったら山岳渓流に行っておきたいと思い立ち、タイミングがぴったり合ったアマゴ27さんと再び南アルプスに出撃~!

 天候は上々、今回初めてご一緒するケビンさんも合流し、入渓目標を前回のポイントのちょっと先に定めて、3人で林道をテクテク歩く。釣り談義をしながらも、一生懸命歩いたおかげで2時間半程で目指した区間にたどりついた。イワナ君達のご機嫌はどうだろうか。

 上流に釣り上るお二人と別れて、自分は数百メートル下った地点から釣り開始。数多いポイントを、誰にも邪魔されることなく丹念に探って行ったが、開始後1時間近く渋~い状況が続いた。最初のヒットは、岩陰から飛び出した8寸弱のヤマト系、この1尾で気持ちがフッと軽くなる。

20070504_072  午後になってからは魚の活性も上がり、1つのポイントから複数のヒットに持ち込めるような楽しい状況となってきた。そして小さな落差の下に巨岩が位置し、その右側が溜まりとなっているポイントで、むこう向きにゆったりと浮かんでいる魚影を見つけた。デカイ、もしかしたら尺あるかも~(^o^)ドキドキしながら、大岩の上にラインが乗っかるように慎重にキャストして、ティペットから先だけが着水するようコントロールするが、なかなかうまくいかない。20070504_076 3・4回キャストし直したところで、7Xの先に結びつけた#15のグリズリー・パラシュートが、魚の横50cm程の岩壁ぎりぎりにポトリと落ちた。魚がゆらりと向きを変えてフライにむかって行き、ゆっくりと喰いつく。ヒット!そして強烈なファイト。水中から斜めに突き出している倒木に回り込まれ一瞬ヒヤリとしたが、少し立ち込んでロッドを高く保持して回避。gooネットに収まったそのイワナは、やはりなかなかの大物だ。久しぶりにメジャーを引っ張り出して当ててみると、29cmある。もうちょっとで大台だったなぁという気持ちもあるけれど、ここまで育っておいらのフライに掛ってくれたこのイワナに、心から感謝したい。

 アマゴ27さん達と再び合流した帰り道の林道では、疲労はしていたものの、満足な釣りが出来たという思いと駐車場に戻ってからの乾杯の誘惑に、来る時を上回るペースで歩いてしまった。お二人も楽しい釣りが出来、思いは同様だったようだ。

Meeting その夜は、ケビンさんは都合があって帰られたが、アマゴ27さんのお知り合いの眼鏡屋さんと日曜釣師さんが合流し、またまた楽しいミーティングとなった。

 翌朝、アマゴ27さん達は再び上流へ出撃。おいらは、前回のように近場を探る。地図で目星を付けた支流に入ってみたが、水が少ない。途中でキャンプしていた足立ナンバーのお二人が「上流の取水口から上なら水があるけれど、かなり遠いし、魚も居るかどうかわかりませんよ。」と忠告してくれたが、とにかく自分の目で渓を見てみたいと思い林道を歩いた。しかし、途中から道がなくなり、高巻きを強いられる。所々ロープがあるので人の行き来はあるようだが、2本のロープにぶら下がって垂直に上らなければならないところに来て、これ以上単独で行くのは危険と判断し、戻ることにした。

 車まで戻ってから、しばらく県道を下流に向かって歩いて本流に再入渓、大岩がゴロゴロしている素晴らしい区間だ。しかし歩いても歩いても魚の反応がない。結局この日は、最初の沢で1尾、本流で2尾、バラシと合わせ切れがあっただけ。久しぶりにムギョってしまった!(;_;)!

Birds_1

 デジカメのフォルダに記録できた生物は、カケスにウグイスが1羽ずつと、恋愛の真っ最中だったカジカガエル2匹。こんなに良い季節の、こんなに良い条件の下で、まったく納得できない結果だったが、生き物が相手なのだから仕方が無いよと自分に言い聞かせる。

                    Frog

 土曜日の幸福と日曜日の憂鬱を抱えて、帰りの路についた。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »