« February 2007 | Main | April 2007 »

March 28, 2007

忙しい忙しい!

右足ふくらはぎの肉離れ完治までは、まだまだ時間が掛かりそうな週末、お天気は養生に持って来いの状況でしたね(汗)。でも、人事異動を目前に控えて、土曜日は事務整理のために、めったにない休日出勤となりました。幸い故郷に戻ってまだ1年ということもあって、4月以降もしばらくは安住の静岡で暮らせそうです(^-^)v

んでもって、せっかくの釣に行けない日曜日だったので、家事のついでのショッピングでDIYショップに行ったら、色々と面白そうなものが目に入りました。その内の一つが両頭のミニ・グラインダー。お値段が5800円ということで、ランディングネットのグリップ整形に威力を発揮するのではと思い、クラフトの匠・八兵衛さんに照会してみたところ、グラインダーもいいけどボール盤の方が使えますよとのことでした♪なるほど~と納得したので、この週末は格安ボール盤探しで周辺のDIYショップを散策することにいたします。ガンバル~☆

        Sake_4

ところで、画像はログには全く関係のないものです。たまたま手持ち無沙汰だったので、手近な酒瓶を集めてハイ・チーズしてみました。お酒はこの他にも沢山ありますが、いくらあっても良い物です。ちなみに前列にある「エビス福梅」は、と~~~っても美味しい梅酒です。ただし、甘党向き♪

Continue reading "忙しい忙しい!"

| | Comments (16) | TrackBack (0)

March 18, 2007

タンポポの咲くグラウンドで

 3月の渓流解禁からこちら、小さいながらも大井川のアマゴ達と出会うことが出来、応援している清水エスパルスも連勝するなど、小さな幸せに包まれた日々が続いていた。

 しかし、この週末、ついにその運も尽きた。

20070317_001_1  土曜日、天候は芳しくなかったけれど、ここなら確実と思いながら入った渓で、数回のアタックがあったもののムギョってしまい、ちょうどその頃、ホーム日本平でレイソルを迎え撃っていたエスパルスは、試合を支配しながらも数々のチャンスを活かせず0-1で破れた。一日を終えて、まあ、そういう日もあるさと自らを納得させようとした。しかし、日曜日に臨んだシニアの試合では、後半早々に右足ふくらはぎに肉離れを負って途中退場、チームに迷惑を掛け試合も0-1で敗れてしまった。お昼頃帰ることは出来たのだが、歩くこともままならず、家では午後予定していたことを全てキャンセルして養生に充てざるを得なかった。

 こうして、何から何まで上手くいかなかった週末となってしまったけれど、考えてみれば、それは全て結果論。渓に行けたこと、サッカーの試合に出られたこと自体を幸せに思わなければいけない。20070318_002_1 結果は別として、渓歩きは存分に楽しんだし、タンポポやスミレの花が咲く春のグラウンドで、思いっきりボールを追いかけることも出来た。そう考えれば、案外良い週末を過ごさせてもらったんだなぁと思う。しかし、問題はこの足がいつ治るかということ。どうやらこれから数週間、少なくとも渓流歩きは無理になりそうだ(涙)

 その前に・・・通勤はどうしよう(^^;;;

| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 13, 2007

動画アップにチャレンジ

以前からブログに動画を貼り付けたいなぁと思っていましたが、容量を食い過ぎるので諦めていました。でも、清水のitouさんから耳寄りな情報をいただいたので、試しに利用してみることに。上手くいくでしょうか。

画像のちびあまごは、今年の初物。大切な故郷の渓で出合った一尾です。デジタル・キープをお願いしたらちょっとくたびれてしまったようで、撮影後にリリースしましたが、しばらく足元にとどまっていました。

「らくちんFLVメーカー」にて  ↓クリックしてね~♪

| | Comments (13) | TrackBack (0)

March 12, 2007

だんだん良くなると思ってたら・・

 大井川の中・下流域(井川ダムより下流)は、不思議なことに大井川漁協と新大井川漁協の2つの組織が管轄していて、どちらで入漁券を買っても同様に釣りを楽しむことができる。 おいらは毎年、放流への願いを込めて年券を購入しているのだが、その結構広いエリアの中で、解禁早々の上流部はまだまだ春が浅いので、例年下流部の支流から段々と上流部の支流を釣っていくことにしている。

                               0310stepwgn_1

 先週は、エリアとしては下流域に当たる生まれ故郷の渓で、うれしい初アマゴと出会うことができたので、この土曜日は、漁協の管轄する中では中流域の有名支流に入った。3月に入ってすっかり寒が戻ってしまった感じがあるが、この日は穏やかに晴れて釣り日和。途中で出会った監視のおじさんから情報を分けてもらい、支流から本流と今までに入ったことのない区域を中心に釣り歩いてみた。

0310hadeamago_1  結果的には、7尾のおちびちゃんと出会うことができた。最大は16cmというところか。なぜかやたらと朱点の多い、ハデハデタイプが釣れたのだが、放流物だったのかな。しかし、ヒレはピンとして力強く、プロポーションも良好。ファイトも素晴らしかった。 

0310yoichi_1 解禁後、小さいながらも釣りに行く度に段々と釣果が増えてきたので、今回ももう大満足♪帰り道の途中で「りんご屋」さんお勧めの、ニッカ・シングルモルト「余市」を買い、NHK―BSのJリーグ中継で清水エスパルスを応援しながらちびちびといただく。 「余市」はなかなかどっしりとして飲みごたえのあるウイスキーだ。香ばしく甘い香りと深い味わいが素晴らしい。清水の得点とともに、ついつい杯が進んでしまった(汗)

Grip_2  明けて日曜日、午前中に約束してあったランディング・ネットのグリップの切り出しに、Natural Angler カズさんの御宅へお邪魔した。パソコン(エクセルのオートシェイプ)で型紙を作り、糸鋸をお借りして切り出す。とても楽しい作業だった。しかし、作業は始まったばかり、これからは、こつこつと地道に進めていこう。

 午後、カズさんがちょっと興味を持たれたので、おいらの故郷の渓をご案内することになった。渓は、雨上がりで寒波がやってきたようで、時折強烈な突風が吹き、気温も低い。今回は、エリアを案内するだけという感じだったが、結局ロッドを持って川辺に立ってしまった。川を目の前にして、指をくわえていろというのが所詮無理な話だね。しかし、冷え込みと風の影響で、虫が全く飛んでいない。水温は8℃もあるが、他の条件が悪すぎて、魚はほとんどフライには出てくれなかった。2007031108_1  それでも偶然に15cmほどのアマゴを1尾だけキャッチすることができた。本当に幸運だった。ポイントへの1流し目でピシャっと出たが、フライには触らず。2流し目も同様。3流し目で出た時、早合わせでフライに触ってしまった感じがあった。もうダメと思いながら4流し目、なんと今度はしっかりと喰ってくれた。 嬉々としてランディングし、写真を撮りまくった。同じフライに4度も出てくれたことは、奇跡というしかない。幸運に感謝した。

 それにしても寒かった。先週は汗をかくような陽気だったので、同じ格好で渓に入ったのだが、それが大失敗。風邪を引かなくて良かったというところかな。そう言えば、土曜日は枯れ枝の下が空洞になっていたのに気付くかず、うっかり踏み抜いて倒木で右頬を強打し、痛みがなかなか引かない。手を付いた際、持っていたオービス・ワンオンスが折れてしまったかと思ったが、幸いにも大丈夫だった。自然を甘く見てはいけない。十分にわかっているつもりなのだが・・・

              0310nagarewasabi_1

 末筆になりましたが、カズさん、日曜日はほぼ一日お付き合いいただき、本当にありがとうございました。電動工具、またよろしかったら使わせて下さいませ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 05, 2007

だいだい色の幸せ

みなさま、渓流解禁、明けましておめでとうございます~♪

待ちに待った3月になりました。すでに初物とご対面された諸兄も多かれと思いますが、おいらも週末に大井川の初あまごと出会ってまいりました(^-^)v

2007hatuamago_1 土・日とも昼食を済ませてからの出撃で、気合が入っていないぞとお叱りを受けそうですが、これがおいらのスタイルでもあります。週末はゆっくりと朝寝坊して疲れを癒し、早起きの真面目な釣り人達が帰った頃、渓に入って渓流魚達に遊んでもらう、そんなものぐさな過ごし方が好きです。

さて、解禁には、どうしても生まれ故郷の渓に入りたいと思っておりましたが、今年は何とかその夢をかなえることができました(去年は単身赴任中でしたので)。しかも、綺麗で可愛いあまご達が私を迎えてくれました。まだ3月始めなのに、季節はまさに春、魚達もあまりに早い春の訪れに戸惑い気味のようでしたが、おいらの拙いドライフライに、無邪気に反応してくれました。

0304native_1 うれしかったのは、大井川ネイティブらしい背中の黒点の少ないタイプのアマゴが釣れたことでした。これは、りんご屋さんの大好きな北関東の無黒点ヤマメとも相通じるタイプじゃないかな。

2日間で9尾、最大は20cmというところでしたが、おいらとしては大満足な週末でした。だって、去年の初故郷の川は、見事にムギョっちゃいまいたからね。

0303sake ところで、早春の釣りのお土産といえば、やっぱりふきのとう。初物をデジタル・キープできたことで、とっても気持ちが楽になり、辺りを見回したら、ふきのとう鮮やかな黄緑の蕾を見つけることができました。大きな蕾を6個採らせていただいて、帰ってから3杯酢で賞味しましたが、爽やかな苦味と春の香りが口中に広がって、なんとも楽しい気分になりました。

また、せっかくふきのとうが手に入ったのだからと、帰りの酒屋さんで自分と同じ名前のお酒、「真澄」の純米吟醸と、フライフィッシング発祥の地のお酒、スペイサイド・シングルモルトの「マッカラン12年」を買って帰り、初物と出会えた幸せを噛みしめながら、ゆっくりと味わいました。

              0304shutubotu

こうしておいらは、とっても充実した解禁を迎えることができましたが、みなさんの解禁はいかがでしたでしょうか。良い解禁、良いシーズンとなることをお祈りいたします♪

              0304_20cm

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »