« December 2006 | Main | February 2007 »

January 29, 2007

あと1ヶ月だね♪

 皆様に新年のご挨拶をしたかと思っていたら、もう1月も終わりに近づいてしまいましたね。気の早い岐阜県あたりの渓流は、もうプレ解禁の様相を呈しているようです。シラメ対策のミッジ・フライを巻き貯めているご同輩も少なからずでしょうか。

002_1  さて、オイラはと言えば、土曜日に井川ダムより下流の大井川の平成19年度年券を買って参りました。腕章のカラーは、超渋い草餅色!それも、着色料など使っていない自然食品のような、地味~~~なグリーンです(^^;

 今年も3000円と相変わらずリーズナブルなお値段でホッとしておりましたが、パンフレット見たらびっくり、漁協の管理する支流ががらっと変わっているではないですか。という事は、放流する支流も変わっているってこと。突然の事に、混乱しております。ちなみに、パンフレットに名前が載っている支流は9月末までで、名前が載っていない支流(タダということ!?)は県条例に従って10月末まで釣りが出来るそうです。それもすごく変だと思うのは、おいらだけでしょうかねぇ??

0128_1

 んでもって、この日曜日は、万障繰り合わせて天竜川に行って参りました。とってもポカポカ陽気で釣り日和な感じでしたが、お魚ちゃん達のご機嫌はすこぶる斜めで、完璧にムギョっちゃいました(汗)

 釣果は静岡のアマゴ27さん一人ってところでしたね(大物じゃ!)

 でも、天竜での釣りは、来るべき渓流シーズンのシュミレーションと位置づけているので、釣果は二の次(言い訳がましい・・・)と言いたいです。したがって、とことん瀬をドライで攻めるというイメージ・トレーニングをして、しっかりと爆沈してまいりましたが、まあまあ満足な一日でした(^^;

 ああ~、早く3月にならないかなぁ♪

| | Comments (16) | TrackBack (0)

January 24, 2007

バーンズ・ナイトと25周年

本日私と妻は、めでたく結婚25周年を迎えることができました。

銀婚式ということになります。

これまで幸せな毎日を送ってくることができたのも、家族や職場、そして皆様のおかげだと感謝いたしております。

Macallan_001_1  ところで、明日1月25日は、1759年に生まれ37歳という若さで夭逝したスコットランドの詩人「ロバート・バーンズ」の生誕を祝う日だそうです。

 バーンズは、全世界で知られる「蛍の光」の原詩「遠き昔」を書いた詩人で、生涯歌と酒を愛し、スコットランドの国歌ともいえるべき詩も残した人物だそうですが、スコットランドでは、彼を歴史上の偉人と位置付け、毎年その誕生日を「バーンズ・ナイト」と呼び、国を挙げてあちらこちらで宴が催されているとのことです。

 宴の主役は、バーンズが愛して止まなかったスコッチウイスキーと、スコットランド名物の羊料理「ハギス」。スコットランドの人々は、この日ばかりはと、シングルモルトを存分に楽しむそうです。

 そのバーンズ・ナイトを祝して飲むシングルモルトとして、ザ・マッカランほど相応しい酒はないでしょう。そして、私事の銀婚式に結びつけるならば25年物ということになりますが、さすがにそれは高価で手が出ません。たまたま1983年のザ・マッカラン18年が手元にあるので、それでお祝いをしようと思います。ちなみに、私達の結婚式は、1982年でしたので、かすってる!ということになるでしょうか(笑)

さて、「蛍の光」の原曲には、次のような意味が込められているそうです。

「昔なじみを忘れてなるか、いざ、遠い昔のために、友よ遠い昔のために。われら友情の酒、酌み交わさん、さあ、遠い昔のために」(サントリーHP、ザ・マッカラン物語より)

| | Comments (16) | TrackBack (0)

January 22, 2007

小さな幸せ~☆

 ご無沙汰しておりました、2週間ぶりのログでございます。

 これまで、ほぼ週刊ちびあまご体制で頑張っておりましたが、先週末はついにロッドを握らず、やるぞ~!と宣言したランディングネット・クラフトにも手を出さず、ただダラダラと過ごしてしまった結果、お久しぶ~り~ね~♪となってしまいました。

 ダメだねぇ。

 さて、この週末の土曜日も気合が入らず目が覚めればすでに8時、夜予定している新年会のために、遠出は出来ない。それでも釣りはしたい、できればしっかりとファイトしたい、という欲求を晴らすために向かったのは、本当に久しぶり、大井川町のフィッシング・リゾート「ジュネス」。2800円の午後半日券を買って4時間ほど、フェンウィックFF663-3Jを持った右手首が痛くなるくらい、綺麗な魚達と遊ばせていただいた。2007012003 天気は下り坂を象徴する東風が強く決して良い条件ではなかったけれど、存分にドライフライでの釣りを楽しむことができ、先週なんとなくすっきりしなかった気分が、とっても軽くなった気がする。この日の当たりは、なんといっても白のバイビジブル、サイズは15番、おいらの得意の黒パラシュートは今ひとつの反応だったけれど、たまにはいいもんだね、管理釣り場も♪

 その夜は、中学時代からの友達と恒例の夫婦会、3組6人で訪ねたのは島田市本通3丁目の「柿の木」さん。納豆ダイエットの話等で盛り上がりながら(捏造か~!?)じっくりと手を掛けた料理の数々を堪能しつつ杯が進んだおかげで、翌朝も8時起床のお寝坊さんをしてしまった。もっとも、オイラ達夫婦が3次会まで行ってしまったからかもしれない(汗)

 したがって、午前中は朝風呂などに浸かりつつのんびりしていたが、市内のラーメン店「伝丸」でお腹が出来ると、急に暴れたく(大汗)なってきた。大井川河川敷の緑地公園に行くと、ちょっと少人数だが、いつものサッカー仲間が来ている。嬉々として支度を整え、2時間余り、犬っコロのようにボールを追いかけた。

 こうしてこの週末も、ポンドのお魚や、友達や家族と、とっても楽しく過ごす事ができたのだが、事故やら事件やらの不幸なニュースが飛び交っている世の中を思うと、自分は幸せなんだと、しみじみ思わずにはいられない。この小さな幸せが、いつまでも続いて欲しいものだ。

この拙いログをお読みの皆様のところにも、どうか小さな幸せが訪れ鱒ように♪

              2007012007

 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

January 08, 2007

初釣りは自転車で♪

 「ちびあまご」ご来訪の皆様に、新年のご挨拶をさせていただいてから、早くも一週間が過ぎてしまいました。元日にささやかな初釣りに行きながらもログっていなかったので、遅ればせながらのアップです。

2007zippo_1  例年1月1日は、天候が良ければ出来るだけ釣りに行くことにしています。とは言え、まとまった時間を割くことはなかなかできないので、ここ数年は裏の小川へオイカワ釣りに行くことが恒例になっています。この元日も、陽気に恵まれたので、自転車に乗ってオイカワの居そうなポイントを探しました。たどり着いたのは、結局いつもの小学校裏。冬の柔らかい日差しの中で、流れには小さなライズリングが広がっています。

2007hatuoi  この日のタックルは、Cap’sフライキッズ5.5ftに2番のフローティングを巻いたグレインのグレース。8Xのティペットに19番のCDCを結んで10ヤード程のキャストをすると、ラインの着水に驚いた小魚達が逃げまどいます。それでも、キャストしたフライが流れに馴染んだとたんにアタックがあるけれど、小さなターゲットはなかなかフッキングしてくれません。何度かの空振りのあと、ようやくロッドを軽く曲げてくれたのは、この時期としては大物・・と言っても4寸足らずの、メタリックな身体に綺麗な虹の色をまとったオイカワ君でした。マスコットネットの中でしばらく我慢してもらって、記念撮影。これで2007年も、めでたく年明けです。

 さて、のんびりと過ごした三賀日、秋葉詣出ならぬ天竜詣出にも行かなければと思っていましたが、なかなか都合が付かず、ようやく条件が整ったのが成人の日の本日となりました。いつものように朝寝坊をして、お気に入りのガッサラに到着したのは11時過ぎ、ここで何とか初虹をと思いましたが、15番の黒パラには全く音沙汰なし。お昼にするため中島に移動すると、いらっしゃいましたfly-tomoさん。お友達と仲良く食事中だったので、厚かましく仲間入りさせていただきました。お友達は、大村さんと野口さん、たぶんお会いしたことはあるのだろうけれど、名乗ったのは今回が初めてでした。大村さんからは、朝採りの新鮮なイチゴを頂戴、ほんのり甘くて春の香りがしました。ごちそうさま~♪fly-tomoさんの綺麗なウエットフライを見せていただいたり、色々とお話をしたり聞いたりしましたが、やっぱり天竜の一番の楽しさは、こうした交流にありますね。今日も来て良かったなと、心から思います。

             2007hatsutenryu 

 昼食後、気合を入れなおして中島の各ポイントを攻めますが、期待した瀬からは反応がありません。あきらめかけてたどりついた第1プールの下手の緩い流れで、沈み岩の上手に定位してライズしている魚が居たので、フライを初釣りで使った縁起の良い19番CDC(ちっちゃ!)に替えて上流部から流すと、すぐにアタック!すっぽ抜けの後5分ほど置いて同じレーンを流すと、再び反応してくれて、こんどはしっかりとフッキングしました。ライズの様子から、それほど大きくない魚かと思っていたら、意外と強烈なファイト!姿が見えてみると、銀ピカヒレピン、50cm近いレインボウです。長々とファイトして、ようやく岸辺に寄せ、デジタルキープのためにカメラを出そうとした瞬間、ティペットが緩んだのでしょう、虹君はあっさりと流れに戻って行ってしまいました。ネットを持っていなかったことをちょっとだけ後悔しましたが、ライズを狙って掛けたこと、ほぼ完全に寄せたことで、納得することは出来ました。(ファイト中に画像撮っとくんだったなぁ^_^;)

 結局、初天竜はこれでおしまい。イブニングを狙って移動した雲名では、ライズのラの字も無し。暮れて行く空を恨めしく思いながらも、車に戻ったのでした。 でもいいさ、また次がある!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

January 01, 2007

ちびあまご2007

Netnengajyoh19

皆様のご多幸をお祈り申し上げますm(_"_)m 今年も良い出会いがありますように♪

| | Comments (21) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »