« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

明日に向かって

 拙ブログ「ちびあまご」をご覧下さいました皆様、今年一年、大変ありがとうございましたm(_"_)m
 皆様からのご声援のおかげで、なんとか細々とログを綴り続けることができました。深くお礼を申し上げると共に、また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。2006122902
 さて、本年も趣味に明け暮れた一年ではありましたが、一昨日釣り仲間から本年最後の忘年会にお誘いいただき、大晦日の本日は、午前中一時間半サッカー仲間とボールの蹴り納め、午後1時間でオイカワでの釣り納めと、大変中身の濃いラストを過ごさせていただきました。一年を振り返えれば様々な想いが甦りますが、自分としては、常に前を向いて歩いて行かなければという気持ちを忘れずに、年が明けても自分のスタイルを崩さず頑張りたいと思います。
 これからも、取るに足らない中年男の独り言を綴っていきますが、よろしければお読み下さいませ。
 皆様、どうぞ良いお年を♪
               2006123109_1
      (本ログは、閲覧のみとさせていただきました。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

赤点兄弟?

久しぶりに、まったくロッドを握らない週末を過ごしてしまった。
自由な時間がなかったわけじゃないけれど、まあなんとなく。年末だからねぇ(^_^;
てなことで、今回は釣りネタなし。そのかわりに、あるフォーク・グループのコンサートに行ったことを、ログに残しとこっと!

 ♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

 グループ名は「レッド・ポイント・ブラザーズ」、サッカー仲間で高校の先輩「紅ちゃん」の所属する4人組。和名にすると「赤点兄弟」かな?毎年12月23日、ユニセフへの募金を目的にフォークソングのコンサートを開催して、なんと第13回にもなるそうだ。おいらは今回初めて行ったのだが、まずは会場の「プラザおおるり」の満員に近い入りにびっくり、なかなかすごい人気だ。
 始まってみると納得、ギター主体の演奏は素晴らしいし、歌声もおいらよりお兄さん達とは思えないくらい若々しく上手い。そして、演奏の間のトークが軽妙で楽しい。ローカルバンドらしく、地方ネタに方言ネタで会場は大爆笑。「はだって間違えただら~!?」ってわかるかな(^_^;;;
 コンサートは、オリジナル曲に有名曲のカバーを織り交ぜて、会場参加で盛り上がっていく。オリジナル曲はどれも初めて聴いたのだが、その詞はとてもわかりやすく、優しさが一杯詰まっていて、心が温かくなる思いがした。特に、おいらの生まれ故郷の小さな山を歌った曲は、その風景が目に浮かぶようで、胸がじ~んとしてしまった。

          Akaten05

 さて、途中短い休憩を挟んで正味2時間半余り、フォークソングの真髄を聴かせていただいたと言ったら、誉めすぎかな?それにしても、リハーサルを含めて一日中演奏しっぱなしの体力には、本当に恐れ入りました。そして気になる募金額は17万円を超えたとのこと、素晴らしい成果でした。これからもこのコンサート、永く永く続いて欲しいな(^-^)v

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 20, 2006

初冬の天竜は大にぎわいだぞ

 いつもお世話になっているフライ仲間の皆さんから、天竜川フライフィッシング・ミーティング(FFM)を前日に控えた16日土曜日夜に、イベント参加前夜祭「夜の作戦会議・天竜部会」をやりましょうというお声が掛かったので、迷うことなく喜んで~(^-^)/と返事をさせていただいた。
 寝具一式と食料・ALC類をステップワゴンに積み込んで、お気に入りFM放送の「アヴァンティ」を聴きながら西へと向かう。前夜祭会場は、トイレが完備のとある施設建物の、雨が降り出してしまっても安心な広々とした軒下をお借りした。会議メンバーは、それぞれのご用事を片付けてから三々五々の集合。満を持して持ち込まれた食料は、ひろりんのBトラウト鍋とまちゃさんの鰤(1m級!)、アマゴ27さんのボイル用ソーセージetc、飲み物はと言えば、アマゴ27さんお馴染み南アルプス、萩さんは開運、カズさんのレモンハート、おいらが用意した米焼酎山翡翠(やませみ)とバルヴェニー12年、その他色々様々(提供者および品物、間違ってるかも~^-^;)
 作戦会議は、最近の天竜情報の交換から始まり、美味しい料理とお酒の相乗効果で深夜(一部の方は明け方近く*_*;)まで延々と続いた。途中、めっちゃお忙しいはずのFFM実行委員長岩野さんが、わざわざ作戦会議に参加して下さったので、ますます話が弾む。屋根の下とは言えオープンスペースなので、夜遅くなると冷え込んできたが、焼酎お湯割・ホットラム・燗酒のおかげで寒さを感じないでいられた。しかし今回も、真っ先に沈没したのはおいら。なんとか12時のヤマは越えたんですけどね~。例によって仕度から片づけまで、みなさん、本当にありがとうございましたm(_”_)m
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Tenryuffm_1
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 7時起床、夜明け前に降っていた小雨が上がっている。楽しいお酒のおかげで、二日酔いはない。9時からのミーティングの前に少し実釣しようということになり、中島まで移動。いつものEHCをセレクトして瀬を探るが、ハヤっぽいアタックが数回あったのみ。下流を見ればカズさん、上流の瀬ではアウルさんが、それぞれロッドを曲げている。いいな~。神奈川のY氏は、朝だけで6本上げたらしい。おお、魚は居るぞ。

 結果が出ないまま、あっという間にイベント開始時間になったので、雲名のイベント会場に移動した。到着してみると、駐車スペースは車でぎっしりと埋まっている。他県ナンバーもかなりある。早くも大盛況の様子だ。受付で署名し、岩野さんにご挨拶。受付横に六角堂さんのブースがあり、お声を掛けていただいた。六角堂さん、前夜祭で盛り上がり過ぎたそうで「頭が痛い~」を連発、今日一日大丈夫かなぁと心配になった(^^;
 川辺では、杉坂隆久さんのデモが始まっている。スペイキャストによる実釣テクニックを、とても丁寧に説明されていた。スペイをやらないおいらにも、ふむふむという感じ。少しの休憩を挟んで、次は岡田裕師さんによるスペイいろいろ。う~ん、スペイはやらないしなぁと思いつつお話を聞いていたら、最後に8フィートくらいの3番ロッドを使って「スペイキャストテクニックはヤブ沢のような小渓流でも使えるんですよ!」と見せてくれた。おいらの心を見透かされたようで、なんだか気恥ずかしい。持ち時間が迫っていたので短い説明だったが、目から鱗が落ちる思いがした。

 その後のゲスト・デモがシューティング中心なので、カズさん・まちゃさんと相談して、少し釣りしましょう!ということになった。アマゴ27さんが入っているガッサラに移動。車から降りて真正面の瀬でEHCを流すと、絵に描いたようにガポッと魚が出た。強い流れの中でスリリングなファイトの後ランディングできたのは、尺ちょっとと小振りのニジ君だった。2006121708気を良くして、さらに瀬を探る。ふと対岸を見るとカズさんがファイト中。おいらも下流から対岸に回りこむ。途中、バラシ1回。午前11時、いよいよ本命ポイントだと思った時、胸ポケットの携帯電話が振動した。

 家からの電話は無情の帰宅命令(汗)、一家の主としては、これ以上釣りを続ける訳にもいかず、好ポイントに未練を残しつつも、早上がりすることになった。前夜祭でお世話になった皆さんには、ほとんどご挨拶もせずにお先に失礼してしまい、恐縮至極。ご無礼をご容赦下さいませ。

   <')>><... <')>><... <')>><... <')>><... <')>><... <')>><... <')>><...

 これで楽しい週末もおしまい。ということで、ミーティングのレポートとしては、思いっきり中途半端になってしまいました(滝汗)
 岩野さん、フライフィッシングミーティングの成功、おめでとうございました。スタッフの皆さんの、情熱と努力が実りましたね!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 11, 2006

作る、造る、つくれるかな(^^;

 冬だというのに雨の土曜日、釣りに行けないほどのことはないけれど、ちょっと体調を崩していたこともあって、久しぶりに身体を休めることにした。でもって、朝からパソコンに向かう。
 前からちょっと考えていたんだけれど、いつもお世話になっているBBS・PLUSの「ちびあまご掲示板」は、画像の投稿が簡単にはできない。たまに、釣り以外の話題で画像をアップしたいことがあるのだけれど、ブログネタにするほどのものじゃないなと思うと、いつも軽~い頭(^^;の中で妄想して、自己満足で終わりにしていた。そんなおいらの欲望をかなえてくれる、親切なサービスはないものかと、暇に任せて「無料 画像掲示板」で検索を掛け、いくつかヒットした中から、これは!と思ったのがteacupTeacup_1さんの無料レンタル掲示板だった。さっそく「カプチなおもちゃ箱」と題する掲示板を作らせていただいたが、なかなか気楽に発言できそうなスペースになったと思う。これから、釣り以外の、お酒とか取るに足りないコレクション物とかの話題に活用していこうかと思っているので、当ブログへお越しの皆様もご活用いただければと願う次第である。

 さて、釣りシーズン・オフとなれば、何かいつもと違うことにチャレンジしてみたくなるというのもご理解いただけるだろうか。このところ、オリジナルのランディングネットに心を惹かれつつあり、拙者のお仲間の中に自作される方も少なからずいらっしゃることから、おいらもチャレンジしたいなぁなんてことを時折発言してきた。そこに持ってきて、尊敬する先輩のカズさんから「原価数百円で造れますよ」という甘~いお言葉をいただき、すっかりその気になってしまった(^^;
 図々しくも、日曜日の午前中の貴重なお時間にカズさんのお宅を訪問し、2時間半にわたってネット造りのレクチャーを受けてきたので、さっそく材料の調達に市中のショップを巡ったのだが、全ての工具および材料を調達するのは簡単なことではなかった。結局、思うもの全ては揃えられなかったが、とりあえずクラフトに突入することは出来そうな体制が整った。最も肝心な、グリップ芯の形成を除いては・・・。果たして、完成の日はやってくるのであろうか(大汗)
 それにしてもカズさんのお部屋、フライフィッシャーのお手本的セッティングで、なんともうらやましい環境だった。さらには、居間のリトルジャマープロ(by kenwood)には脱帽!こんなお部屋でジャズを聴きながら、シングルモルトのグラスを傾けられたら、それは幸せなひと時だろうと憧れてしまった。

 さて、今回諸資材を調達する中で立ち寄った書店で、ネット造りと全く関係の無い「ペーパー・フライズ」という書籍を思わず買ってしまった。
           Photo_2
 つり人社刊、神谷利男氏著なる書籍で、著者自身が使って、数々の渓流魚との出会いを演出してきたフライ達を、ペーパークラフト・アートで表現し、更に実釣のシチュエーションやタックルの紹介を織り交ぜた珠玉の作品だ。氏は、冒頭「所詮釣りは道楽で個人的なもの」であり「本作品は思い入れが強く偏った文章だ」と自嘲しているが、そういう控えめな姿勢が大変共感できる。偏っているだなんて、決して思わないけれどね。
 本体価格1400円、1年半も前に出版され、今頃何よと言われそうだけれど、フライフィッシャーの絵本的作品で、是非是非皆様にお薦めしたいと思う次第である。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 04, 2006

ぽかぽかオイ・オフ♪

いや~、師走に入っちゃって仕事も遊びも鱒々?忙しくなってきた。でも、それなりに充実した日々が続いているかも。いろいろなイベントもあって、この週末も楽しく過ごすことができたなぁ。ちょっと振り返ってみることとしよう。
             Agyo

 明るい日差しに恵まれた土曜日の朝、家の中に居るにはもったいないようなお天気だ。しかし、風が強い。外に繰り出すには、ちょっぴり辛いかなと思い、午前中は静岡県市町村駅伝大会をテレビ観戦。おいらの住む島田市は、素晴らしいスタートダッシュを見せてくれたものの、途中順位を落として第9位でゴール!我が家のお隣に住むNちゃんも選手として出場し、見事なタイムで走ったのだが、結果は、昨年の市の部第5位という成績に届かなかった。成績もそうだが、もっと残念だったのは、Nちゃんの勇姿がお昼のニュース放送のためテレビ電波に乗らなかったことだ。このあたりは、SBSさんの番組製作、どうなのよ~?と言いたくなった。
 昼食後、腹ごなしにお天道様の下を1時間ほど散歩して、午後2時からJリーグ中継を観戦。おいらが応援する清水エスパルスは、この日の最終戦を見事完勝し、年間順位4位でシーズンを終了した。2年連続でJ2降格の危機に直面した事に加えて、長年にわたり司令塔としてチームを支えた澤登選手が引退し、どうなることやらと思っていた今シーズンだった。しかし、健太監督のチーム作りが実を結んで若手が目覚しい成長を見せ、ベテランも堅実さを発揮したおかげで、チームの目標だった年間5位を上回る結果を残すことができたのだ。これは、来シーズン期待できそうだぞ(^-^)v

 さて、日曜日も朝から快晴、ちょっと冷え込んだけれど絶好の釣り日和だ(^-^)/
 今年も静岡のひろりんから、冬の一大イベント、オイカワ・オフへのお誘いをいただいたので、朝一番の地域防災訓練をちゃちゃっと片付けて、カズさんと一緒に電車に乗った。Sioyaki
現地に到着すると、すでにフィッシュアウルさんの「鮎の塩焼き」が炭火に炙られて良い香りを立て、ひろりんのおでんが大鍋の中でぐつぐつと煮えている。そしてキャンプ・テーブルの上には、日本酒・焼酎等の銘酒が並ぶ。おいらも持参したバルヴェニー12年を出し、カズさんはレモンハート・デメララだ。
Panorama
 しばらくの間、料理とお飲み物を堪能し、午後になってからお約束のオイカワ・ダービー開始。ぽかぽか陽気の清流は、水生昆虫のハッチも盛んにあって、あちらこちらでライズ・リングが広がっている。まずはひろりんが、ティペットの先に銀鱗を躍らせている。これは本命ではなくカワムツだが、みんなから祝福の歓声が沸きあがる。Oikawa1次々とヒットさせているので、おいらもポイントに入らせてもらい、何度かの空振りの後、良型のオイカワをキャッチした。すると、おいらのちょっと上流でハンドメイドの丸竹ロッドを操っていた萩さんが、謎のA魚をキャッチ!そして、みんなから見えなくなるくらい上流まで釣り上ったカズさんは、なんと6寸クラスのA魚をキャッチしてきた(^o^)。気合の一尾だね。こうして、12月とは思えないような暖かな日差しの下、それぞれが童心に帰ってのんびりとアウト・ドアを楽しんだ一日となった。
         Aurin_1

 追記:この日、大勢の仲間がオイ・オフに参加したが、都合で来れなかった仲間達からも、行きたかったですというメッセージがたくさん届いていた。これも主催者ひろりんのお人柄と、イベントの魅力のおかげではないかと思う。ひろりんファミリー、アマゴ27さんファミリー、プカプカさんファミリー?、カズさん、gooさん、萩さん、kozuさん、フィッシュアウルさん、まちゃさん、楽しいひと時を、ありがとうございましたm(_"_)m
             Oikawa2

| | Comments (15) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »