« December 2005 | Main | February 2006 »

January 26, 2006

ナカバヤシさん

人間って、どうしてこうも物を集めたがるんでしょうかね。って前にも書いたかな(汗)
まあ、そういうおいらも、これまでずいぶん無駄な物(今となってはね^-^;)を集めてきたと思う。小学生時代の切手から始まり、数々のおもちゃに釣り道具。フライフィッシング関係のアイテムは、ほとんどが現役だけれど、エアーソフトガンのような忘れ去られて物置の片隅といったモノも数知れない。最近は、缶コーヒーのオマケから火が付いたミニチュアカー集めが細々と続いているのだけれど、これまでと違うのはディスプレイしてるってこと。これはコレクションを続けて行く上では、結構重要なことだと思う。興味が続くには、常に見えている所においてある必要があるんじゃないかな。
ディスプレイするには、ホコリ対策も含めてケースに入れるのが一番。以前拙ブログで紹介したダイソーのプラケースも良いのだが、このたびアルバムで有名なナカバヤシがリリースしているコレクションケースを1580円で購入し、ミニチュアカーの1/64コレクションを並べてみた。20060122_03
正直、これは良い!と思った。やっぱこうだよなぁとも思った。箱入りのまま並べて置いたのでは、コレクションが可哀想。今は一台一台が、活き活きとして見えるのだ。
さてこのケース、背面が鏡になっており、並べたものの裏側も見える。これって、フライリールのディスプレイにも良いんじゃない?セクスィーな表面と、由緒を表した刻印の入った裏面が、同時に楽しめるんですぜ。

ところで、おいらのミニチュアカーコレクションは、デザインの好きな軽自動車かオープンカーだ。もちろん愛車カプチーノ中心であることは言うまでもない。スケールは1/43と1/64。今欲しいのは、ダイハツミゼットⅡとか1970年代のフィアット850スパイダーとかフィアットX1-9。どこかに良い出物はないだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 23, 2006

薄命

先週土曜日、思いがけない、そして何とも悲しい知らせが入った。
釣り仲間の奥様が亡くなったとのこと。享年42歳。
病に伏せっていた訳でもなく、あまりに突然のお別れだったようだ。
本日、通夜に参列させていただいたが、彼が受けた計り知れない
衝撃を思うと、私は掛ける言葉を思いつかなかった。悲しみをこらえ、
健気にも明るく振舞う彼の姿を見るのは、とても辛かった。
単身赴任という同じ境遇を持つ仲間。彼の悲しみを、我が身に置き
換えて、改めて自分の家族の健康を祈らずにはいられなかった。

愛美様、謹んでご冥福をお祈りいたします。


| | Comments (0)

January 22, 2006

水辺に行けない日には

1月9日以来釣りをしていない。
週末の天気が生憎だったことが続いているおかげだ。
昨日はリヴァスポット早戸に行くつもりだったが、記録的な降雪で断念した。
さて、釣りに行けないからということではないが、最近またちょっと本を読み始めた。toriatamajangle
書店で何気なく手に取った本だが、読んでみてびっくり、とんでもない内容だったのだ。ちょっとしたもののはずみで、数名の男女がアマゾンにトゥクナレを釣りに行くことになり、その顛末を漫画と文章で綴ったものだ。
トンデモナイ釣りに、トンデモナイ酒の呑み方がこれでもかと書かれている。おいらの主義とは180度反対の事を恐ろしく大胆にやっていて、本来なら腹が立ちそうなものなのだが、もうここまで来ると笑うしかないかなぁとあきらめさせてくれる。しかも、思いっきり笑っちゃう内容なので、電車の中で読むのには適さないほどだ。
toriatamakurikuriま、興味のある方は、とりあえず書店で立ち読みでもしてみるといいかも。おいらは同シリーズの「くりくり編」を読み始めたところデス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2006

新車が来たよ

東京暮らしを楽しくするため、そしてあの渓へのアプローチのため、自転車を買うことにした。といっても、これまで無かった訳ではない。折りたたみ自転車が一台、Happy号と命名して長年愛用している。これは、とある結婚式場の懸賞に応募して当選したものだ。20インチで変速なし、もちろんサスペンションなんてのも無い、シンプルな自転車だ。それでもこれまで未舗装の林道を通算数十時間も走ってくれたし、東京都内をも軽快に走り回ってくれている。多少の錆びは出てしまったが、室内保管で大事にしているので、まだまだ十分現役を続けられる状態だ。TS7

ではなぜ新車購入となったかと言えば、それはエンジンが経年劣化したからに他ならない。エンジンすなわちおいら自身の体力の問題だ。林道は当然だが、東京にしてもやたらと坂が多く、どうも自転車から降りて押すシーンが増えてきてしまった。こうなれば、見栄(体力があるぞ~っていう)を張っている場合ではない。変速機が欲しい、できればサスペンションもということであれこれ品選びして決めたのが、ブリジストン・トランジットセブンという機種だ。(ブリジストンのHPはこちら→http://www.bscycle.co.jp/catalog/folding-compact/transit-ts.html)折りたたみ自転車を選んだのは、単に趣味の問題。小径の自転車が好きだからというだけの理由だ。故郷でのロードテストを終えて、今日新宿の宿舎へやってきた。早く東京の街を走り回りたいな。もちろん春になったらあの渓へ・・・

さて、本日も帰省からの戻りに「すそのフィッシングパーク」に寄り道、2時間のコースでたっぷりとドライの釣りを堪能した。今日の裾野市は、穏やかな陽気に恵まれて、魚が水面を向いていてくれた。うれしかったのは、じっくり狙って釣った50cmクラスのイワナ、21番のミッジ・ドライの誘惑に辛抱たまら~ん!とばかりに武者振りついてきた。20060109iwana50ティペットは6xだったのだが、自然のフィールドで掛かったら、絶対に取れないだろうなぁ。すそのFPは湧き水のフィールドで、この時期でも水は意外と温かい。水棲昆虫のハッチもあって、周年ドライで楽しめる貴重な釣り場かもしれない。それでも、大きなフライは見切られる。行かれる方は、20番以上のミッジドライを巻いていかれると良いと思い鱒。20060109dry21

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 02, 2006

本年もよろしくお願いしますm(_"_)m

2006nenga

あけましておめでとうございます。
2006年が、ココログ「ちびあまご」ご訪問の皆様にとって、素晴らしい年となるようお祈りいたします。

私の初釣りは、いつもの裏の小川でした。
天気予報が良い方にはずれ、ぽかぽか陽気の中で盛んなライズ♪、オイカワのドライフライフィッシングを楽しんでまいりました。
2006shougatu

| | Comments (16) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »