« November 2005 | Main | January 2006 »

December 27, 2005

コピー機を買いに行こう♪

 家のPPCコピー機が不調になった。10年以上も使って、紙送りローラーが劣化したために、頻繁に紙詰まりしてしまう。そんな時、近くのホームセンターから大安売りの広告が出たので、さっそく買い替えに出かけた。ここで買ってしまえば話はお終いだったのだが、せっかくだから他の店で値段を比べてみようと思ったのが正解だったかもしれない。大型電気店の、若くて爽やかな感じの店員さんの説明を聞くと、今時家庭用ではPPCコピーは流行らないそうだ。トレンド(?)は、インクジェット式の複合機、コピー・スキャナ・プリンターを一台でこなすという代物だ。モノクロコピーだったらランニングコストは1/3以下と聞き、迷わず購入。持ち帰って、さっそく遊んでみた。パソコンにつながなくても多くの機能が使えるし、つなげばつなげたでまた楽しい。古い写真をスキャナで取り込んで、褪せた色を修整してみたりした。
1993narita 思えば愛車カプチーノも、ついに15歳の誕生日を迎えた。写真は、1993年に成田の小さなサーキットをアタックした時の思い出のものだ。サーキット走行なんて初めてで、まったくテクニックのないおいらだが、フェアレディZやユーノスロードスター、シルビアなんかより早いタイムが出せたことに大満足だった。懐かしいなぁ。もうすっかりお年寄りになってしまったので、これからは無理せず大切に乗って行きたいと心から思う。
 さて、内容がとりとめもなくなってきたが、釣りに行ったことも書いておこうかな。
 先週の土曜日、クリスマス・イブに天竜川に行って来た。結果から言えば3時間で1尾、尺クラスのちびニジマスは、ブラック・パートリッジのソフトハックルにアタックしてくれた。2005
 当日は晴れてはいたのだが、風の強さに閉口して、さっさと早仕舞いしたのだが、もしかするとこれが今年の釣り納めになるのかな。いや、出来れば来年の初釣りのために、リサーチをしておきたいな。初釣りは、恒例の裏の小川のハヤ(カワムツ)釣りになりそうだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 19, 2005

とある忘年会と「おい・おふ」

この週末は、フライフィッシング関係の集まりで楽し~く過ごすことができた。またしても、仲間っていいな~、これもフライフィッシングやってたおかげだな~と感謝した2日間だった。

土曜日は、ある方から予想外の忘年会へのお誘い。「自宅へおいで~」っということで、ヤナギサワ君と待ち合わせしてポールジロー(ブランデー)を手土産にお邪魔した。ヤナギサワ君は、新たなジャンルへの挑戦のために、ルアー・フライタックルを大量放出中。そのなかから、オービス・ワンオンスを交渉して譲ってもらうことになったので、主催者宅で受け渡し。忘年会の話のネタにも一役買ってくれた。初対面の方も居て興味深い話もたくさんあり、思い出に残る忘年会になった。ヤナギサワ君に買わせた(^-^;ハーゲンダッツのバニラアイスに、ポールジローをトッピングしたデザートは、予想通り好評だった。えへへ。

明けて日曜日は、しずおかの「ひろりん」主催の「オイカワ・オフ」会へのお誘いを受けて、自宅を5時半に出撃。小田急+JRの在来線の旅で静岡へ。昨夜に引き続いて、ヤナギサワ君とサガちゃんと熱海乗換えで合流した。
oi_off2005「おい・おふ」は、今年5回目になる、渓流シーズン・オフのもっとも楽しみなミーティングだ。これまで例年、主催者の人柄のおかげで、12月でもポカポカ陽気に恵まれてきた。今回も、冬とは思えない明るい陽射しの下、大勢のフライ仲間が集まった。
おでんや焼き鳥、それからフィシュアウルさんが自ら釣ってきてくれたアオリイカの刺身等々、美味しい料理が並んで、みんなご機嫌。それに、晴天の河原で飲むお酒は、また格別に旨い。おいらが用意したグレンファークラスも上々の人気だった。
しかし、日本列島全体が強い寒波に覆われたこの日、温暖な静岡市でも冷え込みが厳しく、肝心のオイカワ君が釣れてくれない。小堰堤下のプールには、かなり沢山の魚影があるものの、おいらのドライには見向きもしない。ニンフでチャレンジすれば釣れたかもしれなかったが、ノーフィッシュ。結局この日は、だれもオイカワ君に対面することが出来なかった。う~ん、残念。オイカワ用のスペシャルネットも用意していったのになぁ。

このミーティングは、永く永く続いて欲しいものだ。おいらも頑張って参加するので、ひろりん、よろしくね。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

December 12, 2005

Yokohama 2Days

 楽しい2日間だった。
 そして、とっても勉強になる2日間だった。
 商業というものの魅力、楽しさ、そして難しさと恐ろしさの、ほんのイントロデュースだが、生の音を聴くという、良い経験をさせていただいた。Goo-Yamamotoさんと柳沢公明さん、お二人から学ばせていただいたものは、非常に大きかったと思う。感謝いたします。

 フライフィッシングフェスタそのものは、お客様の入りを見るに大盛況だったとは言い難かったと思う。主催者側が、どのような評価をされたかわからないが、自分としては一つだけ不安を覚えたことがある。それは、次世代を担うような若い人の姿が少なかったということだ。曇りの無い瞳をキラキラさせて、ブースからブースを蝶々のように舞い飛ぶ中・高校生が大勢いても良さそうなものなのに。フライフィッシングって、そんなにとっつき難いものなのだろうか。オヤジ・オンリーな趣味なんだろうか。

 まあ、そのようなことはさておき、初めてフェスタというものに来たのだが、展示品は興味深い逸品があふれていた。製作者の皆さんの説明も、自信と夢にあふれている感じがして楽しかった。そして、多くの知り合いとの再会の場としても、最高のシチュエーションだったかもしれない。いや、最高なのは、やはり渓で出逢うことかな。
 びっくりしたのは、自分がお手伝いしたGoo-ismの隣のブースに、職場の大先輩が陣取っていたことだった。先輩は、3年前に定年を迎え、今は「毎日が日曜日だ~」と明るく言い放つ。歳は取りたくないのだが、釣りの世界にどっぷりと浸かった、なんともうらやましい人生を送られているのだ。Booth

 出会いといえば、地元静岡の釣り仲間達、岡山時代に偶然知り合いになった関西方面の皆さん、そして東京近辺の皆さんと、多くの方と再会し言葉を交わすことができた。これもフェスタのおかげだ。やっぱりフェスタ最高!

 ところで、土曜日の夜は、大阪・名古屋方面の皆さんのディナーに加えていただき、とっても美味しくリーズナブルな中華料理を堪能した。キモは、中華街からちょっと外れた所である。nihonmaru

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 06, 2005

釣れちゃった~・・・何が?

 タイトループ石川さんから天竜でのイベント案内のメールが来ていたのに、飲み会やら何やらで返事を出すのをすっかり忘れてしまっていたのだが・・・(最低!おいら^^;)

 今シーズン2度目の天竜にやってきた。前回同様、中間部の瀬をやってみようと河原に降りてみると、偶然にもそこでは石川さんがアタック中、しかも目の前でニコパチクラスのレインボーをヒットさせてくれた。ishikawasanバンブーロッドでの素晴らしいファイトを暫し観戦させていただく。ビデオ撮影をしていたので今日がイベント日だったことに気付き、良型ヒットのお祝いと併せてメール返信せずの非礼を詫びた。しかし、石川さんはそんな事は全然気にしていなかったようで、爽やかに笑顔を返してくれる。夜の集まりにも誘っていただいたが、思いっきり後ろ髪を引かれつつ、都合が付かない旨を伝えざるを得なかった。(;-;)
 そうこうしていると、下流から上がってきたのは何とアマゴ27さんだ。nikopatiamago27再会のご挨拶もそこそこに、たった今まで82cm(!!!)とファイトしていたと報告された。もう少し早く到着していれば、ニコパチ撮影してあげられたのに、残念っ!
 アマゴ27さんとのんびりお昼していると、そこにOKAさん、Hideさんが相次いで到着。hidesan
皆さんはネットでお馴染みの天竜フリークだ。Hideさんとは南アルプス以来、1年半ぶりかな。相変わらずちょ~楽しいお人だ。今日は完全に単独釣行と思っていたところに、沢山の釣り仲間との出会いがあったことに感謝。天竜様様だなぁ。o(^-^)o

 さて、ちょっと強めの風の中で釣りを始めたが、周囲で派手なファイトが繰り広げられる中、おいらのフライにアタックしてきてくれる魚は、相変わらずおちびちゃんばかりだ。極めつけは、浅い瀬を流したソフトハックル・オレンジパートリッジにコツンと当たってくれたちびあまご。bikkuriamago
これにはびっくり。この時期に、放流物ではないだろうアマゴを釣ってしまうとは、全く考えてもいなかった。しばし一人興奮状態に陥った(汗)
さてさて、本命は相変わらずダメだったが、思わぬ魚と思わぬ釣り仲間との出会いのおかげで、本当に楽しい一日を過ごすことができた。良かった良かった。

 明けて日曜日、東京への帰りの寄り道と言えば、やっぱりすそのフィッシングパークだ。相変わらずドライでバシバシ!強面(こわもて)のブルックも再びエアリエルで攻略。kowamote
やっぱ管釣りは楽しいなぁ。う~ん、癖になりそう。って言うか、癖になっちゃったみたい(^^;;;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »