« June 2005 | Main | August 2005 »

July 26, 2005

帰ってきたKomono.sp

昨年の6月6日、自分の不注意から愛竿Komono.spのティップ
セクションを折っちまった。車の屋根に載せたまま移動して、振り
落としてしまったからだ。7フィート#2のこのロッドは、イナガキの
ブランクを、おいらの好みに合わせて柳沢君が組んでくれた世界
に1本だけの物だったんで、無念さもひとしお。その後、他の竿を
使えば使うほど、Komono.spへの思いがつのっていたのだ。

そのロッドが先日帰ってきた。柳沢君がイナガキに行って、販売
終了となっていたブランクを探し出し、バットに合わせてビルドして
くれたのだ。

月曜日、東京への帰りにA高原G沢に入った。今年3回目のS川
水系、いまだあまごとの出会いはない。
いつものように黒のパラシュートを7Xのティペットに結びつけ、
蜘蛛の巣と戦いながら釣り登って行く。相当人が入っているらしく、
砂地は足跡だらけ。ここぞというポイントは重く沈黙している。
そして何気ない瀬を流してみると、ロッド復帰第1号となる20cmの
あまごが出た。幸せな気分で記念撮影し、リリース。
しばらく進むと、今度は立派な24cmあまごだ。居たんだなぁ、この
沢にもこのサイズ。2005
しかし、その身体には、おそらく釣り糸を
逃れたのだろう、2条の痛々しい傷跡が
残されていた。ありがとねとお礼を言い
ながら、流れに帰してやる。
帰りの時間が気になって、2時間半の釣り。最後はおいらサイズを
追加して、たった3尾だったけれど大満足。見上げる空は今にも泣き
出しそうな鉛色なのに、心は晴れ晴れ、自然と笑みがもれた。
(気味の悪いおっさん状態かな^^;)
2005
帰ってきたKomono.spと、また思い出を
作っていけそうな気がする。
もう二度とあのような不注意はしまいと
改めて心に誓ったのだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 18, 2005

雷怖い!

楽しみにしていた3連休の初日、ヤナギサワ君の案内で北関東に
出かけた。
2005071701
入ったところは、超大物の匂いが
ぷんぷんとする大場所だった。
実際大物釣りで有名なU画伯は、
ここで驚くほどの実績を挙げているらしい。3番のタックルでは力不足
かなぁと思いながらも、とりあえずドライフライを結ぶ。
2005071703
すると、すぐにおいらサイズのヤマメが
釣れた。これで肩の力も抜けたので、
美味しそうなポイントを拾って釣り上がる。
で、やってしまった。
途中ヤナギサワ君が、かなりの大物をドライで掛けたので、写真を
撮ろうと移動した時だ。水中の丸石を踏んだと思った瞬間、ズルッと
滑って水中に左手をついてしまった。ちょうど左胸ポケットに入れて
あったデジカメまで水に浸かり、ウエーダーにも水が入ってしまった。
その後、それまで晴れていた空に怪しい低音が轟き始めたかと思っ
たら、突然渓の上の鉄塔に轟音と共に落雷だ。これですっかりビビッ
てしまい、集中が完全に切れてしまった。
結局、この後昼食のため渓を上がったら豪雨に遭ってしまい、増水を
回避するため大きく移動した別の川も大増水、翌日も減水は望めな
いと判断して帰ることにした。あ~、せっかくの3連休だったのにぃ。

ところで、ヤナギサワ君の大物は綺麗な虹君でした。彼には、今年
やたらとニジマスが着いて回っているそうです。そして、おいらのデジ
カメは、乾燥後なんとか復活いたしました。良かった良かった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 11, 2005

おちびちゃんの教育係?

先週末西日本では大雨が降って、各地で大変な被害が出た
ようだ。山口県のgogihashiさん、岡山県の佐酒さん、近畿や
中部のみなさんは、無事にお過ごしだろうか。
北関東の天気予報では、心配するほどの降水量がなさそう
ということで、3週間ぶりに国道4号線を北上した。

K川水系Y川は、本流こそ増水気味だったが、りんご屋さん
の軽トラで案内してもらったK沢は、絶好の水量になってい
た。しかし、渓が暗すぎてフライが見えず大苦戦。それでも
なんとか可愛らしいヤマメちゃんがエルクヘアカディスに出て
くれた。翌日はK川の源流へ単独行。こちらではおちびのイ
ワナ君たちがおおらかにフライにじゃれついてきた。
土曜日の午後と日曜日の午前で、渓のおちびちゃんたちに
毛鉤の恐ろしさをた~っぷりと教育した週末だった。う~ん、
お兄さんやお父さんはどこに行っちゃったのかな?
kitakanto



 
りんご屋さん、今回もガイド役と夜のお付き合い、とっても
ありがとうございました。おかげさまで、大変楽しく過ごす
ことができました。感謝m(_"_)m

追記:給油に立ち寄ったガソリンスタンドで、左後輪のパン
クが発覚。エッジ部分に釘が刺さっていて修理不能。4本
とも交換時期に来ていたので新品に交換した。計約5万円
は痛すぎ(;_;)


| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 05, 2005

サトゴコロ

 空梅雨が続いていた関東周辺に、ようやく「週末は雨」という
天気予報が流れた。不慣れな川での雨の釣りも辛いなと怖気
付いてしまい、りんご屋さんから好調だよとの連絡が入っていた
北関東への思いもあったけれど、里心がついてついつい2週連続
で帰省してしまった。
 その週末、土曜日の午後は、先週ちびあまご君達が遊んでくれ
た生まれ故郷の渓に出かけた。漁協が放流してくれたと見えて、
とある橋の下にライズリングとたくさんの魚影を確認したので、
ラッキ~とばかりにキャストすると、次から次へとちびあまご君達
が掛かってくる。橋の上から見たときには、もう少し大物が居た
ような気がしたのに、掛かるのは15cm止まりだ。先週は忘れて
しまって不便したが、今週はサイバーショットU40で記念撮影し
まくる。しかし、曇っている上に樹木がかぶっている渓なので、
どうしてもストロボ発光が必要だ。魚の愛らしい瞳は、ストロボ
を使うと白目になって、まるで死んでいるようにも見えてしまう。
何か手はないかと、カメラの「赤目防止モード」を使ってみること
にした。kaerume
カメラの液晶が1.5インチしかない
ので、なんとなくいいだろうくらいの
気持ちで帰宅したが、パソコンに取り
込んでみると、魚の目がまるでカエル
の目のように写っている。これはいけませんねぇ。やっぱり、ス
トロボを使いたくなかったら、補助光源を持っていかなければだ
めみたい。次は、LEDのライトを持っていってみようかな。 

 さて、その夜は、地元シニアチームのサッカーの試合に出さ
せてもらった。20分ハーフの前後半を、4バックの右DFでフル
出場して途中電池切れ状態になりながらも、なんとかチームは
失点しなかった。0-0の引き分けだったけれど、気持ちは最高。
シャワーの後のビールが・・・美味しかったナァ。
 明けて日曜日は、たっぷりと寝坊して11時に出発、東京への
帰り道、再びA高原のS川で道草を食う。いつもとはちょっと下流
の「S・Iの滝」上流部に入った。必ず釣り人が居る有名ポイント
だ。しかし、2時間で1度のアタックもないまま週末のお楽しみ
は終了。ま~、そういう日もあるさね。昨日楽しんだからいい
じゃん!と自分に言い聞かせて東に向かった。
CybershotU40
 先週、携帯画像を組み合わせて1枚
にしてみたが、比較のためにU40の
画像を160×120ピクセルに圧縮
して同じようにやってみた。画像が小
さいんだったら、カメラの性能に差が
あっても大差ないということが良く
わかってしまったのであった。(^^;

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »