April 22, 2019

春まだ浅い木曽路へ

予てから釣りアニキ・カズさんにお誘いいただいていた木曽路への釣行が、二人のタイミングが合ったこの土曜日に実現した。
朝5時に島田市を出発し、新東名・東海環状自動車道・中央高速を走り、中津川から美しい桜や花桃が正に見頃となっている国道19号線を北上する。

Xga2019042022-448x336

辿り着いたのは、御嶽山にほど近い木曽川右岸の支流。午前10時少し前に、林道の車止めゲートから入渓した。

Xga2019042005-448x336
空は晴れて気温も上がり、水棲昆虫の舞う姿もちらほら見える。流れはどこまでも透明で、その美しさに目を奪われそうだ。
しかし、魚の反応は極めて渋く、最初のタナビラ(アマゴ)をデジタル・キープできたのは、お昼少し前になってしまった。
Xga2019042014-448x336
午後は一旦少し下った沢に入ってみたが、小さな魚が時折フライをつつきに来る程度だったので、ちびタナビラを1尾追加したところで、早々に諦める。
Xga2019042018-448x336
車に戻って相談した結果、国道19号線を車で小一時間戻り、往路で目を引いた木曽川左岸の川砂の白さが印象的な支流に飛び込んでみた。
すると、入渓からほどなく小さなイワナがネットに収まってくれた。
Xga2019042040-448x336
結局、1時間ほどで3尾の小さなイワナをキャッチ&デジタル・キープして、再び反応が無くなった午後4時半に終了。
Xga2019042041-448x336

ということで、往復500km強のドライブを要したミニ遠征ながら、まだまだ時期が早すぎたのか良い釣果には恵まれず、残念な思いを残してしまった。
しかし、訪ねた流れは、いつも自分が行く渓とは全く違った素晴らしい姿を見せてくれ、大きな経験とすることができたのは良かったと思う。
カズさん、美しい渓へのお誘いありがとうございました。次回は自転車を積んで、夏イワナのシーズンにでも再訪してみたいですね。

 

| | Comments (6)

April 15, 2019

Brookの入魂と残雪の釣り

先週末金曜日は、銀行に行くために一日お休みをいただいた。
用事の方は午前中にさっさと済ませ、午後は長男から退職祝いに貰ったHardyBrookの入魂を目論んで、家から1時間弱の馴染みの渓に出掛けてみた。

20190412brook

前日の木曜日には1日雨が降ったのだが、流れは依然として渇水気味。気温も低かったが、可愛いアマゴ達がぽつりぽつりと出てくれて、流れ山葵とともにニューロッドの初おろしを飾ってくれた(*'▽')

一夜明けた土曜日は、山岳渓流に行ってみたいと考えていたのだけれど、木曜日の里の雨が山では雪で冷え込んだようだったので、大井川水系の山岳入口より更に手前の、イワナとアマゴが混棲する小規模な沢を探ってみることにした。
入渓ルートが完全に崩れて足場が無い所を、倒木にしがみつきながら流れに降り立つと、周囲にはまだ雪が少し残っていた。空は晴れて明るいが、水は氷るように冷たい。これは厳しい釣りになるかなと思ったが、すぐに綺麗なちびあまごがヒットして後も続き、午前中にアマゴ6尾とイワナ2尾をデジタル・キープ。午後は隣の沢に移動してイワナ8尾を追加した。

20190413amagoiwana

サイズこそ最大でも22cm止まりだったけれど、大好きな小渓流を独りのんびりと釣ることが出来て、良い一日になったと思う。
さて、次の土曜日は長野県まで足を延ばす予定。暖かな天候が続くと良いのだけれど・・・。

| | Comments (6)

April 08, 2019

春ラ!ラ!ラ!

【春ラララ♪】

4月最初の土曜日を迎えて、まだ本格的な山岳渓流は時期尚早だろうなぁと考えていたところ、釣り兄貴goo∼さんからオファーをいただいたので、同じく釣り兄貴カズさんもお誘いして、この時期でも期待できそうな、山梨県の南アルプス入口を目指して出かけてみた。
先週は寒の戻りのような冷え込みが続いたが、この日は良く晴れて暖かい釣り日和だ。しかしながら、風が強いのが気になる。
最初に入ったのは、自分としては初めてとなる有名支流。渓相は釣れそうに見えたのだが、以前の姿を知っているカズさんに言わせると、土砂に埋もれて面影が全くないとの事。1時間半ほど丹念にポイントを探ったが、1度の反応も無く無念の場所替えとなった。
午後は、更に標高を上げた支流に入ったが、釣り始めてすぐに7寸ほどのイワナをバラしてから、またしても反応無しが続く。
そして、ようやく最初の1尾が釣れたのは午後3時半。両兄貴が毛鉤を流した後のポイントで、何でもないど真ん中の弛みにダークダンのパラシュートを浮かべていると、小振りながらも嘘のようにイワナが出てくれた。

20190406iwana

その次のポイントでは、左手上流側に居たカズさんのロッドが大きく曲がり、自分のフライにも魚が出て、右手上流のgoo∼さんもファイトの体勢に入っているという、それまでの渋い状況からは考えられないトリプルヒットが実現する。
嬉々として、3人でランディングネットを並べて写真撮影をすれば、いにしえのアイドル歌手が歌った「三人そろって~春ラララ~♪」のメロディーと歌詞が思わず頭に浮かんだ。

Xga2019040643-448x337

結局この日は小振りなイワナ3尾という貧果に終わったけれど、知らなかった流れを歩くことができたし、最後に奇跡的な体験をして良い思い出を作ることができた。そして、帰り道では春の山の恵み「コゴミ」をお土産にすることも出来、良い一日になったと思う。
今回訪ねた2つの渓も、これからが本番を迎える。GW10連休も控えているし、是非また再挑戦したいものだ。

【息子たちからの退職祝い】

もし自慢話っぽく感じられたら誠に恐縮だが、定年退職を機に息子たちがプレゼントしてくれた祝いの品を、自分の日記としてここに留めておきたい。
ということで、4月2日に次男からの8種類の日本酒が家に届いた。
内訳は、獺祭純米大吟醸磨き2割3分と久保田萬寿の一升瓶と、昨年度に日本酒アワードの金賞を取った6種類の四合瓶呑み比べセット。
まずは画像右端から頂戴しているが、なかなかの美酒に次の一本の栓を開けるのが楽しみな毎日となっている。

Xga2019040202-448x336
そして長男からは、4月6日に届いたフライロッド。
2月にオークションで落札したハーディーのグラスロッドの姉妹品「Brook」だ。
Xga2019040649-448x336
これもヤフオクでぎりぎりの競り合いを演じて落札したもので、6フィート3番2ピースの仕様は、我が生まれ故郷の小渓流でのちびあまご釣りを彩ってくれるのではないかと期待している。
以上、釣り日記の追記とさせていただいた。

 

| | Comments (12)

April 01, 2019

定年退職

【定年を迎えて】
私こと、3月31日をもって定年退職となりました。
昭和52年4月に採用され42年間、楽しい事も辛いことも様々ありましたが、何とか無事に勤め上げることが出来たのは、先輩・同僚・後輩、そして何よりも家族の理解と応援があったからこそと、感謝しております。
40歳代以降は、岡山・彦根・東京と単身赴任を経験しましたが、家族の下を離れ独りで生活してみて初めてわかることも多くあり、公私ともに本当に良い勉強をさせていただいた今の自分が在ります。そして最後の年を出身の地で迎えられた事を、本当に有難く思います。
本日4月1日からは、再任用職員として引き続きこれまでの職場に通いますが、全ての役職から離れた一般職員として、少し気楽に仕事に臨めそうです。
とは言っても、身分は引き続き国家公務員なので、自覚を持って新たな役割を務めていきたいと思います。

 

【またしても雨中の釣り】

Xga2019033044-448x336

さて、この土曜日は、様々な思いを胸に抱きながら、独り南アルプス入口のお気に入りの渓に出かけた。
天気予報が午後から雨模様だったせいか、それとも渇水しているせいか、10時過ぎに入渓点に到着するも先行者の車両などは無く、これはラッキーだなとほくそ笑んだが、水辺に立ってみて初めて、釣り人が居ない本当の理由がわかった気がする。
なんと、昨シーズンまで魅力的なポイントが連続していた渓の様子が一変していて、流れは浅く平らになり渓流魚が付きそうな深みが全て埋まっているという惨状を目にした。
そして当然のように魚の反応はない。
しかし、渓を遡るにつれて空から雨がぽつりぽつりと落ち始めると、浅い溜りの岩の下からゆっくりとイワナが出てきてくれる。

20190330iwanaamago

それからは、見逃しそうな小さなポイントから次々とイワナが出てくれて、入渓時のショックは何処へやら。何より、壊滅的に流れが埋まる程の土砂が出たのに、イワナ達が元気で居てくれたことが奇跡的にも思えたし、野生の逞しさに元気づけられる一日となった。
午後2時までに、8寸強を頭に20尾ほどのイワナをデジタルキープし、大満足したところで入渓点より下流部に移動して、放流モノだけれどアマゴも数尾追加。意外な好調の原因は、鬱陶しいはずの雨のおかげで、魚達の警戒心が緩んだ所為だったのかもしれない。

| | Comments (10)

March 25, 2019

霙降る渓で

【記念品】
3月も後半に入って、定年退職日がいよいよ目前に迫って来た。
そんな中、先週労働組合が催してくれた送別会で、嬉しい記念品をいただいた。
Xga2019031805-448x336

それは孟宗竹を素材としたブランデーグラスで、軽くて肌触りが優しい。名前も入れていただき、女房殿も喜んでくれた。
労働組合とは長年にわたって応対する立場で仕事をしてきたが、最後に暖かなご厚意を頂戴し心から感謝する次第だ。

そして、週末土曜日は先輩goo∼さんにお声を掛けていただき、山梨方面の渓へご一緒いただくことになった。
朝7時半にお迎えに行くと、「定年退職の記念です」とランディングネットを渡される。
Xga2019032349-448x336
7寸クラスの魚にぴったりの可愛いサイズだが、とても丁寧な作りで木の温もりを感じる逸品だ。
ちびあまごにはとても似合いそうなので、シチュエーションを選びつつ大切に使わせていただきたいと思う。

 

【霙降る渓で】
ところで3月10日に、中部横断自動車道の新清水JCTから富沢ICまで19kmの区間が開通した。
20190323_1

この日はその新区間を快適に走って山梨県に入り、富沢ICから遠くないアマゴとイワナが混棲する渓の入口に、午前9時を過ぎた頃に到着。
あいにく空は曇って気温は6℃しかない。防寒も兼ねてレインウエアを着込み、暫く歩いて水辺に降り立つと、ぽつりぽつりと細かい雨が落ち始める。そして午後になると、雨は冷たい霙に変わった。

 

20190323amago_1

 

そんな寒くて厳しい条件の下でも、アマゴ達は拙フライに反応してくれ、いただいたランディングネットの入魂も無事果たすことができたことは幸運だったと思う。
しかし、期待していたイワナとの出逢いを果たすことができなかったし、魚達もまだサビが残るコンディションだったので、もう少し季節が進んだら、またこの渓を訪ねてみたいとウズウズしている (^^;;;

Xga2019032333-448x336
goo∼さん、改めまして新作gooネットありがとうございました。また、お気に入りの渓へご案内いただき、重ねてありがとうございました。
お仕事の方が佳境に入ります前に、また是非渓にご一緒いただければと思います。

| | Comments (12)

March 18, 2019

サビあまご

渓流解禁から2週は地元大井川の支流を巡ったので、この週末土曜日は富士山麓へ出掛けてみた。
「タケノコ王」風岡さんのお店隣のコンビニで年券を買い、9時半頃に最上流部に到着。空は薄曇りで気温9℃と、ちょっぴり寒い。流れる水も冷たく、虫は飛んでいるものの反応は薄く、午前中の釣果はちび虹鱒3尾と小指サイズの赤ちゃんアマゴ1尾と渋かった

午後は少し標高を下げて、中流域の実績のある支流に入ってみたものの、1時間ほどやっても1度の反応もなく、さらに下流の枝沢に潜り込む。

Xga2019031645_448x336

すると、岩に挟まれた小さなスポットで、真っ黒な魚が毛鉤に出た。
抜き上げるようにしてランディングしてみると、それはまだサビの残るアマゴだった。

20190316nijiamago_2

それからは、ぽつりぽつりと小型のアマゴを追加するが、どの個体もサビが残って黒っぽい姿をしている。結局午後はアマゴ7尾で満足の釣果となった。
さて、そろそろ山岳方面に行ってみたいが、まだ時期尚早だろうか・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 11, 2019

お別れは悲しいけれど

3月5日に、母の弟である叔父が80年の生涯を閉じた。
自分が子供の頃、本当にお世話になった叔父であったので、土曜日に営まれた家族葬に参列するために、神奈川県秦野市まで出掛けてきた。
何年かぶりにお会いしたお姿は、厳しい闘病生活で痩せ細ってしまい、昔の筋骨逞しく格好良かった叔父ではなくなっていたが、最後の時まで一家の主として家族を支えていたのだと思う。
人間には寿命というものがあるので仕方ないけれども、やっぱり別れは寂しく辛い。天に召されても、残された家族親族をいつまでも見守っていただければと思う

そんな事があったので、日曜日は朝から大忙し

まずは3ヶ月ぶりに床屋さんへ行って頭をさっぱりとしていただき、その足でサッカー練習に参加。家に帰ってお昼を食べ後で、どうしてもアマゴに逢いたくなったので、大井川を車で小一時間遡った。
午後からは雨の天気予報だったが、降り出す前の2時頃に入渓して、バタバタの釣りながら本降りになる前に何とか4尾のアマゴをキャッチ&デジタルキープ。

20190310amago_3

2時間ほど釣って林道へ上がる頃には雨粒も大きくなったけれど、今週もアマゴに逢えて本当に良かったなぁと思いつつ、渓を後にした。

Xga2019031021_448x336

Xga2019031022_448x336

・・・来週は、もう少しゆっくりと渓で過ごしたいなぁ

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 04, 2019

暖かさのおかげで

3月1日に、静岡県下の渓流もめでたく一斉解禁となった
2日の土曜日は先輩goo∼さんにお声を掛けていただいたので、何処に行こうかあれこれ迷い、相談の結果このところの暖かさに期待して、標高500m超えのプチ山岳渓流へ出掛けてみた。
お目当ての林道に到着すると、幸いにも先行車両は無く、30分ほど歩いて流れに降り立つと、良く晴れて明るい渓には水棲昆虫の舞う姿が見える。気温も寒さを感じるほどではない。

Xga2019030201_448x336

これならば魚の顔も拝めそうだとゆっくり釣り上がって行くと、ぽつぽつと反応があり、最初にランディング出来たのは20cmほどのイワナだ!
もしかしたら釣れるかもという期待はあったけれど、解禁の初物がイワナというのは、長い釣り人生で記憶がない
そしてお次は、やや小ぶりだが野性の逞しさを感じさせてくれるようなアマゴ。まだ少しサビが残っていて、渓の厳しさが感じられる。

20190302iwanaamago

Xga2019030245_448x336

それからは、アマゴとイワナが交互に毛鉤に反応する、愉しいひと時となった。そしてそろそろ終了かという時には、二人でイワナをダブルヒットし、goo∼さんの新作ネットとともに記念撮影して、良い思い出を作ることができた。
数の方は一桁止まりだったけれど、解禁直後でこの釣果ならば大満足。もう少し暖かくなったら、また是非来てみましょう!と意見が一致して、午後4時過ぎに渓を後にした。

                  

一夜明けた翌日曜日は、朝から生憎の雨降り。しかし午後になってフリーな時間が取れたので、先日オークションで入手したハーディーのグラス・アレンを試したくて、家から1時間弱の馴染みの渓に出掛けてみた。
小雨がしとしとと降る薄暗い小渓流で、2時間半ほど5フィート2番というショートロッドを振ってみたが、ちびちゃん主体ながら、なんとアマゴの2桁釣果を得ることができた

20190303amago

ショートロッドというものは、キャストは出来てもライン・メンディングや掛けてからのファイトはどうしても難しい。しかし、このアルンではストレスも少なく良い結果が出せたので、衝動買いしても良かったなぁと思えた
次回の出陣では、是非ともイワナのファイトを味わってみたいものだ。

Xga2019030352_448x336


| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 25, 2019

2019初アマゴ

静岡県の渓流解禁を1週間前にして、週末土曜日は先輩カズさんにご一緒いただき、愛知県の有名河川へ出掛けてみた。

Xga2019022301_448x336

例年ならば水辺にまだ氷が残る季節なのに、今回はお天気に恵まれて気温も1ヶ月先のような暖かさになったので、水温こそまだまだ冷たいものの、アマゴ達はドライフライに元気よく反応してくれた

20190223amago

運良く初アマゴに出逢えて文句はないのだけれど、釣果を得られたのは昼食前のみ。午後の部は、時折カズさんのロッドが曲がるのを羨ましく思いながら、ひとりじたばたしていただけだった

今にして思えば、午前中の好調が災いして、午後は釣りたい気持ちが逸ってしまったのかもしれない。随分と前のめりになっていたなぁと、反省することしきり。カズさんのペースも乱してしまったかと思うと、お恥ずかしい限りだ。まだまだ修行が足りないなぁ

Xga2019022329_448x336

ところで、自分も60歳になって、そろそろ身辺の整理も図っていかなければならないところで、この頃は増えてしまった釣り道具もある程度処分しなければと考え始めた。
しかし・・・、お酒の勢いでまたついついポチっとやってしまった

Hardy_aln

先週火曜日に届いたのは、ハーディーのグラスロッド「ALN」。ショートロッド好きの心をくすぐる5フィート2番のグラスロッドだ。多少のキズは覚悟の入札だったが、梱包を解いてみれば、ロッドもケースも新品同様で大満足。どんなシチュエーションで入魂しようかと妄想に耽るのも、また楽しいものだ

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 18, 2019

紅葉ではなく・・・

2月も半ばに入ったが、静岡県下はありがたいことに暖かい日が続いている。
先週末土曜日も晴れて気温が上がったのだけれど、独り出かけた天竜川冬季エリアは終日強い風が吹いて、残念ながら釣り日和とはならなかった。

到着して目に入ったのは、駐車場の寒桜。前回は咲いている花が数える程だったのが、今回は三分咲きというところだろうか。近くの白梅は、ほぼ満開。そして、振り仰げば山は赤く色付いている。これはもちろん紅葉ではなく、植林された杉が一斉に花を咲かせているからだ
自分は15年来のスギ花粉症持ちなので、えらいこっちゃと思ったのだが、それほど症状が出ないのは不思議かつ助かる。

20190216nakajima

Xga2019021606_448x336

川辺を見れば釣り人は少なく、全体的に低調な様子だ。10時半に釣りを開始し、30分ほど経った頃に、この日初めての反応がマーカーに出た。アワセも決まってファイトに入ると、40cmクラスの虹鱒がロッドをぐいぐいと曲げてくれる。しっかりと鉤掛かりしていたので、これは貰った!と思ったのだけれど、数分経って魚が水面に出たところで、いきなり鉤がすっぽ抜けてしまった。あぁ~どうして??
その後は、強い風で水面が波立つ中、魚の反応は無く、辺りに正午のチャイムが鳴り響いた。
駐車場に戻った昼食時は、前回のように野良猫がやってくるかなと楽しみにしていたのだけれど、期待は裏切られ一人寂しくコンビニおにぎりを頬張った。
そして午後は、先週良型にぶっちぎられたポイントに移動。すると、すぐにマーカーがす~っと沈んだ。油断していてラインが弛んでいたので、思いっきり後ろに跳び下がりながらロッドをあおると、ぐ~んと重い手応えが!
しっかり鉤掛かりしたかなぁと心配だったが、魚は一気に沖に向かって走り、ラインはバッキング近くまで引っ張り出される。前回のブレイクが頭を過るが、祈るような気持ちで魚の動きトをコントロールし、長~いファイトの末にネットインさせたのは、50cmクラスのホウライマスだった。白銀のボディが美しく、ヒレもピンとして良いコンディションに惚れ惚れとした

20190216hourai

この後は、あちこち移動して2尾目を狙ったが叶わず、午後4時となったところで終了とした。

Xga2019021625_448x336

11月から続いた冬季エリアシーズンも大詰めとなって、色々と思い出を作ることができたので、自分は今回がラストと決めていた。そして、たった1尾だったけれど、最後に綺麗な魚が釣れたことで、悔いなくシーズンを終われそうだ。
さて、来週は条件が整えば愛知県まで出掛けて見ようかと思っているが、果たしてアマゴに逢うことが出来るだろうか。
追記:エリアではあまり症状が出なかったけれど、平地まで戻ったら目が痒くなり、くしゃみも連発 。これって、空気の綺麗さの違いなのかなぁ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

«野良猫哀歌