December 11, 2017

小川の土手に集まって(19thオイオフ)

2001年11月に開設されて以来、11月から翌年2月の冬季釣場として親しんできた天竜川ルアー&フライエリアが、秋葉ダム等の放水で今シーズンは釣りにならないと聞いていたところ、12月に入って流れが安定し釣果も上がっているとの情報があったので、週末土曜日に様子を見に行ってみた。

Xga2017120902_448x336_2

長年購入していたシーズン券は見送りsweat01、途中のコンビニで日釣り券を買って現地入りすると、一番好きなエリア最上流部はダムの水門1基が開けられていて水量がやや多いものの、渇水時よりは良いコンディションに思われる。

Xga2017120903_448x335

前日に放流を行ったと漁協さんのpcHPに載っていたので少しだけ期待したのだが、水棲昆虫の羽化が無かったためか魚達は水面を向かないようで、午後3時過ぎまで毛鉤をポイントに浮かべ続けたものの、雑魚を含めてただ1度の反応もなく、周囲の釣り人達のヒットシーンが、やけに羨ましく感じられた一日となった think

Xga2017121004_448x336

明けて日曜日は12月の恒例行事となった、釣り仲間「ひろりん」呼びかけの「オイオフ」に参加。なんと19回目の開催となるが、自分はどうやら皆勤であるらしい coldsweats01 そして、開催日が概ねsun好天に恵まれてきたのは、主催者ひろりんが持つ強運だろうか。

Xga2017121016_448x335 Xga2017121012_448x336 Xga2017121007_448x336

Xga2017121024_448x336

ポカポカと暖かい釣り日和となったいつもの小川の土手に、9時半頃から仲間たちが三々五々参集して、ひろりんが仕込んだおでんと鮎の一夜干しをメインに、参加者持ち寄りのモツ煮やアオリイカのお刺身などを味わいながら、色々なお酒を堪能する。そして時々fish釣りだ。

しかし釣果の方は、魚達の活性が上がらず小さなカワムツ1尾をキャッチできたにとどまった。それでも、前日に続いての無魚は回避できたので、ホッとする。
来年この集いは20回目となる。メンバー全員が心がけを良くして、是非とも好天の下での記念開催となることを祈りたい。

Xga2017121027_448x335

ひろりんと愉快な仲間のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました happy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 04, 2017

キーワードは「残留」

先週末土曜日は、soccerJ1リーグの最終戦が行われることになっていた。
自分は今シーズン、一度もスタジアムに応援に行かなかったダメダメサポーターcoldsweats01ではあるけれど、地元のチームには少なからず思い入れもある。そして応援する清水エスパルスは、敗ければJ2への降格もある厳しい一戦で、相手は強豪の神戸だ。真面目なサポならアゥエーのスタジアムに行かないまでも、テレビやネットで戦いぶりを観るところだが、前の試合で前半2点のリードを守り切れなかった今のチーム状態を考えると、「J1残留」は限りなく難しく思え、とても“その瞬間”は観るに堪えない。

なので、恥ずかしながら現実逃避を試みて、隣の市の冬季釣り場へ独り出掛けたsweat01

Xga2017120201_448x336

2017120202_448x335

2週間前は雨に降られたけれども、この日はsun快晴の釣り日和。当初放流されたニジマスが、どれだけ「残留」しているのかが不安だったが、その後に追加放流があったのか、写真の赤い矢印のとおりエリアのあちらこちらで小さな群れを確認することができた。しかし、魚達の反応は超厳しく、時折ライズが見られたものの自分の拙い毛鉤には関心を示してもらえず、無魚逃れで沈めた管理釣り場用市販フライでようやく1尾をキャッチできたにとどまった think

Xga2017120207_448x336

しかし、本命以外にもでかでかのカワムツや、これも最近放流されたらしい小型のアマゴがファイトを楽しませてくれたので、終わってみれば楽しい一日になった。
特に、終盤に釣れたアマゴは、大きくはないものの今回の放流ものではない「残留組」らしきワイルドさが漂っていたので、これが釣れるなら通う価値はあるよなぁと思わせてくれた。

Xga2017120230_448x336 Xga2017120213_448x336 Xga2017120253_448x336

maple紅葉を愛でながら渓流釣りが楽しめるというのも、なかなか無いシチュエーションだ。この釣り場が試験営業から正式にスタートすることを、心から願いたい。

さて、満足の釣りから帰宅してみれば、清水エスパルスは最終戦に勝利notesして、見事「J1残留」を決めてくれた。小林監督を始め、選手やスタッフのみなさん、そして熱心なサポーターのみなさん、シーズン通して大変お疲れ様でした。来シーズンもオレンジ戦士達の雄姿をJ1の舞台で観ることができるのは、本当に嬉しく思います happy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 27, 2017

富士山と紅葉を愛でる

11月23日の勤労感謝の日に先立つ21日に、自分は勤続40年を表彰していただいた。
組織にどれだけ貢献してきたかというと、自慢できるものは全く無いけれど、まあ良くやってきたものだと自分を褒めたい。
ちなみに、表彰に当たって職場から頂いたものは、表彰状とボールペンだけだった coldsweats01

ところで23日は終日野暮用に追われたが、立ち寄ったスーパーのガチャ・コーナーに興味を惹かれるモノがあったので、300円を投じて1個買ってみた。
それが、fuji富士山の四季を現したフィギュアで、春夏秋冬の4種類あるそうだが、コロンsign01と出てきたのは夏バージョン。富士五湖がある山梨県側からのビューが表側(表示板がある)なのは静岡県民として残念だが、とても良く出来ていて気に入った。また是非、春バージョンを狙ってみたいと思う。

20171123

ついでに紹介したいのは「ローカル女子の遠吠え」というコミックス。静岡ネタ満載の4コマ漫画が話題になっているとネットで見つけたので、3巻まとめて買ってみた。
読んだ感想は、、、結構笑えますよ wink

Xga2017112501_448x336

さて、1日置いた土曜日は、東の冬季エリアに独り出釣する。sun快晴の空の下、道中の富士川右岸の土手からは、雪を頂いた美しい富士山が迎えてくれた。もちろん、街中を流れる川に設定された釣り区間からも、ふと視線を上げてみれば霊峰富士が目に入る。

Xga2017112523_448x336

釣りの方は、5時間ほどドライフライを流れに浮かべて、中・小型の虹鱒3尾という結果だったけれど、どれもライズを仕留めたものだったので満足だ。大きなオイカワも釣れてくれたしね。

20171125

翌日曜日は、親孝行の日帰りドライブを計画していた。目指すは、フィギュアから続く富士山つながりで、田貫湖から本栖湖へ北上し、下部温泉方面へと西に下って身延山に回るコースだ。
この日もsun晴天に恵まれて、湖越しに見る美しい富士山や紅葉を満喫した。特に、本栖湖から下る国道300号線、通称「本栖みち」から望む紅葉が見事で、何の情報もなかったのに通ったという偶然に、運の良さを感じた。

Xga2017112601_448x336 Xga2017112604_448x336 Xga2017112615_448x336

Xga2017112614_448x336_200x150_2

Xga2017112618_448x336

ただ一つ残念だったのは、ドライブの終盤で母が車酔いしてしまい、楽しみにしていた「とろろやととろ」での夕食に行けなかったことだ。期待どおりに美味しい料理を出してもらえたので、母にはまた日を改めて連れていくとしよう confident

20171126

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2017

小雨なら行ってみよう!

この11月に誕生した、新たな冬季鱒釣り場に出掛けてみようかと考えていた先週末土曜日の天気予報が、午前中に強いrain雨が降るとのことだったので、週末に釣りが出来ないのは寂しいと思い、金曜日に午後から職場を早退してsweat01富士山麓方面へ出かけてみた。

Xga2017111706_448x336

ヒメツルソバの咲く土手の何時もの駐車スペースで、背広から釣り支度に着替える時、なんだか漫画家の酒川郁子先生の作品「俺のスーパートラウト」のワンシーンみたいだよなぁと苦笑いしてしまうcoldsweats01

Xga2017111704_448x336

しかし、現実は漫画のようなドラマチックな場面は訪れず、約3時間で5尾ほどのアタックがあったものの、cameraデジタルキープできたのは、小さな虹鱒1尾のみのいう貧果に終わった。
それでも、最低限の結果は残せたかなぁと思ったところだったthink
 
     rain     cloud     rain     cloud     rain
 
明けた土曜日朝、pc天気予報を確認してみれば、どうやら雨は降っても強くはないらしい。それなら家から遠くはないのだからと思い、西隣の市に試験的に開設された冬季渓流釣り場へ出かけてみた。

Xga2017111845_448x336

自然渓流の約7kmの区間に虹鱒を放流し、2月末まで釣らせてくれるという。日釣り券(しか無い)を1000円で求めて、とりあえず手近な所から流れに降りてみる。
最初にヒットしたのは小さなカワムツで、その後しばらくして待望のレインボウが浅い瀬から躍り出た。

Xga2017111830_448x336

しかし、急な気温低下と冷たい雨の所為か魚達の反応は芳しくなく、午前中はもう1尾を追加するにとどまり、近くのspa温泉施設での昼食後はさらに厳しい状況となって、終わってみればレインボウの釣果は3尾。それでも、主役以外の魚達もドライフライに反応してくれて、まずまず楽しい一日になった。残念な天候のおかげで、渓を独り占めできたというのも、不幸中の幸い?だったかも。

Xga2017111859_448x336 Xga2017111818_448x336 Xga2017111827_448x336

このエリアは、自分が大好きな小渓流タイプということが嬉しい。大物狙いのアングラーには多分満足できないだろうけれど、繊細なタックルで尺以下の魚と戯れることがお好きな方には、是非ともお薦めしたい。

Xga2017111857_448x336

次回は是非、sun晴天の下で、元気な虹鱒達を狙ってみたいなぁwink

2017111807_320x240_240x180

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 13, 2017

錦秋の良き日に

この週末土曜日は、親戚の結婚式heart04にお呼ばれしていた。
そして当日、未明こそthunder雷を伴った強い風雨が県内に来襲してどうなることやらと思ったが、夜が明けてみれば一転してsun秋晴れの好日となってくれた happy01

会場は浜松市中心部のとても立派な結婚式場で、久しぶりに華燭の典に参列してみて、その演出には感心するばかりだった。

Xga2017111107_448x336_320x240

式は「人前式」といって、新郎新婦が誓いの言葉を述べてから指輪を交換し、参列者の拍手で結婚が成立するというもの。神主さんも神父さんも居ないけれど、その分堅苦しくなくて、温かく和やかな雰囲気で進められた。
そして披露宴はshineゴージャスshineに。新婦は人前式の白無垢綿帽子姿から艶やかな色打掛にお色直しし、さらには真っ白なウエディングドレスの美しい姿を拝ませてくれる。

Xga2017111112_448x336_320x240

その間、余興という事でもないが、新郎の両親が嫁を迎える覚悟を示すため、なぜかバンジージャンプに挑むという構成の映像を大スクリーンに流し、会場の爆笑を誘った。結局バンジーは新郎の弟と新婦の兄が見事チャレンジしたのだが、なかなか楽しいドキュメントだった。

Xga2017111129_448x336_320x240

話は前後するが、宴の冒頭の来賓挨拶では、新婦側が「感謝の気持ちは声に出して」と、新郎側は「お互いに相手のことを思いやって」と話されていたが、正にそのとおりsign01だと思う。これから暖かい家庭を築いていく上で、是非とも実践していただきたい。
若い二人から、たくさんの幸せをおすそ分けしてもらった、本当に素晴らしい結婚式だった confident
 
   sun    soccer      fish   sun   soccer    fish

Xga2017111203_448x336

さて、一夜明けた翌日曜日は焼津市民スポーツ祭マスターズサッカー大会に参加。予選リーグ戦を2試合戦って2勝した。自分は2戦とも前半だけ右DFで出場したが、40歳以上の大会という事で、若い?選手達にはなかなかついて行けず、直接失点につながるミスもしてしまって反省しきりだけれど、攻撃陣が頑張ってくれたことに心から感謝したい coldsweats01

Xga2017111204_448x336

そして、午後1時半には解散となったので、試合会場から車で5分ほどの管理釣り場「アルクスポンド焼津(旧ジュネス)」へ行ってみる。
最近経営が変わってリニューアルオープンしたとのことだったが、施設自体は以前のまま、湧き水である水質はクリアで魚達のコンディションも良い。料金体系が変わって、午後は1時間刻みで楽しめるのもありがたく、2時間コース1700円をお支払いして入場した。

Xga2017111210_448x336


ぽかぽか陽気に恵まれたおかげか、エリアは釣り人がぎっしりで、入り込むスキを見つけるのが大変だったけれど、元気なレインボウ達相手に、ドライフライで存分に楽しませていただいた。

Xga2017111214_336x448

こうして、とにかく目出度い土日になったのは、本当に嬉しい限り。次の土曜日は、西隣の市に開設された冬季虹鱒釣り場の様子を見に行きたいと思っている。今週末が、お天気に恵まれると良いのだけれど・・・ wink

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 06, 2017

遊べば愉しき人生かな?

先週は、11月1日が勤務先の創立記念日で仕事が休みだったので、2日に有給休暇をいただいて、爺婆孝行1泊2日旅行を計画した。

Xga2017110108_448x337

その皮切りは愛知県民の森と鳳来寺山のmaple紅葉見物。当然季節はまだ早すぎるのだけれど、ちょっとでも色付いていればと期待して行ってみれば、ほんの数本の早熟モミジが出迎えをしてくれたcoldsweats01

Xga2017110119_448x336

昼食はネットで探して名前が気に入った、引佐町の天小屋(あまごや)さんに立ち寄って、しっかりとした腰が美味しいお蕎麦でお腹を満たす。ここは、愛知県の渓流釣り場へ向かう途中に建っているのだが、これまで全く気が付かなかったお店だ。今回とっても気に入ったので、また是非立ち寄ってみたいと思う。delicious

Xga2017110126_448x333

午後は、今年の大河ドラマで一躍有名となった井伊直虎にちなんだ、龍潭寺と本年限定の気賀のtv大河ドラマ館に行ってみたのだが、そもそも大河ドラマを観ていない自分にはとどうなの?思っていたところ、見どころが色々とあって意外にも思い出に残るスポットとなったflair

Xga2017110143_448x336

その夜は、舘山寺spa温泉の「星野リゾート界遠州」に一泊。流石sign01の接客サービスと美味しい料理に一族大満足。近場にこんなホテルがあるのなら、また是非行ってみたいと思えた。
     sun     sun     sun     sun     sun
翌日は一路西へと向かう。午前中は名古屋市内の徳川庭園&美術館で目の保養shineを、午後は名古屋港水族館で海獣や魚達を観て楽しんだ。
終わってみればあっという間の2日間だったけれど、まずまず良い思い出作りにはなったのかなと思う。爺婆孝行も先はそれほど長くないかもしれないけれど、続けられる限り計画していきたいと思っている。confident
     sun     sun     sun     sun     sun
さて、翌3日は50歳以上の草サッカーのリーグ戦に参加。10月の雨続きで身体が鈍っていたけれど、DFとして前半20分と中抜けした後半10分弱の間に芝生を駆けて、2-0の完封勝ちだったので大満足だった。
そしてその夜は、静岡の居酒屋「安倍藁」での夜の作戦会議に出席して、楽しいひと時を過ごさせていただいた。店主の瀧下さんと参加した仲間たちには、心から感謝申し上げたい。happy01

     Xga2017110308_448x336    Xga2017110312_448x336

     sun     sun     sun     sun     sun

Xga2017110407_448x336

明けて迎えた土曜日は、釣り仲間のKEN2さんと潤井川冬季キャッチ&リリースエリアへ出かけてみた。10月の二つのtyphoon台風の影響で、放流したレインボウ達がエリア外へ落ちてしまったとのことだったが、自分は何とか小さいながら3尾のレインボウをキャッチ&cameraデジタル・キープできて満足する。

Xga2017110406Xga2017110412Xga2017110420

Xga2017110402_448x330

このオフは、もう随分通っている天竜川のエリアがダム放水で釣りになりそうもないので、これからも潤井へ出かけることが多くなりそうだ。この日偶々放流風景に出逢うことが出来たのだが、漁協さんの頑張りに期待したいなぁと思うところだ。KEN2さん、夜勤明けのお疲れの所、一日お付き合いいただきありがとうございました。
     sun     sun     sun     sun     sun

そして結果的に5連休となった最終日の日曜日は、いつものようにサッカー練習で大いに汗を流したsweat01

 
ということで、思い返せばこの5日間は本当に良く遊んだ。でも、遊べるからこそ愉しい人生なのだと思う。もちろん、やるべきことはやってからの話ではあるけれどね wink

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 30, 2017

伊豆半島、アマゴ釣りの最終日

通い始めてもう6年目になるのだが、ちょっとしたきっかけから毎年10月後半のこの時期に独り訪ねていた伊豆の小渓流へ、この土曜日は先輩のカズさんにご一緒いただくことになった。

Xga2017102802_448x336

折しも台風22号が秋雨前線を活発化させてくれたので、天気予報は終日rain弱雨。3時間弱のドライブの後、とりあえず午前中だけでも竿を振ることが出来ればいいかなぁと思いながら、10時に釣りをスタートすると、暫く進んだ頭上の開けた大好きなポイントで、小さな小さな渓としては良型の、秋の気配を纏ったアマゴが拙いパラシュートフライを咥えてくれた。

     Xga2017102812_448x336    Xga2017102826_448x336

夏場ならば、恐らく蜘蛛の巣が釣り人の行く先をしつこく遮るような流れなのだけれど、秋の深まりとともにそんな状況は解消していて、雨が降り出す前の遡行は極めて気持ちが良い。しかしながら、ちょっと油断すると岸辺のイバラに身体を絡めとられて、痛~い思いをすることにもなってしまう。小さな流れなれども、遡行は十分な注意が欠かせない。
慎重に遡行を重ねると、ぽつりぽつりとだけれどアマゴ達の反応があって、まずまず楽しい釣りになって来る。

Xga2017102832_448x336


riceball昼食後に辿り着いた大堰堤上のストレートでは、2~3度婚姻色を纏った良型のアマゴがフライを追ってくてくれたのだが、結局ヒットに持ち込めず己の下手さに辟易としてしまう gawk

Xga2017102858_448x336

それでもその後は飽きない程度にヒットが重なり、終わってみれば2桁釣果になって大満足。心配していた雨も強くはならず、幸運な一日になったなぁと思う事が出来た confident
カズさん、怪しい空模様の中お付き合いいただきまして、ありがとうございました。この渓をご案内できたことが、自分にとっては一番の収獲?だったかもしれません。また機会がありましたら、ご一緒いただければと思います。
さて、これで今シーズンの渓流釣行も閉幕となる。
11月から2月までは、冬季特定区間や管理釣り場で魚を追い求めるようになるが、年がら年中フライフィッシングが出来ることを、心から幸せに思うところだ happy01

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 23, 2017

青サワガニの渓へ

10月に入ってからは秋の長雨というような感じで、空模様がはっきりしない日が多かったが、先週末土曜日もtyphoon台風21号が近づく中で雨の1日になった。

Xga2017102132_448x336

そんな中でも、やっぱり渓の様子が気になったので、ドライブだけになるかもしれないなぁと思いつつ、東へ車を走らせる。3時間弱かけて辿り着いた渓は、毎年この時期に訪ねることにしている、青いサワガニが棲む小渓流だ。
午前9時半に水辺に立つ。
先行者の気配は無い。
小雨が降っていて水量は多めだが、濁りはまだ入っていない。

Xga2017102109_448x336

流れが強くフライを浮かべるポイントが少なかったが、正午までの2時間半で何とかアマゴ3尾をデジタルcameraキープ。23cmほどだが、秋色を纏った逞しいヤツに出逢えて満足する。

     Xga2017102122_640x480   Xga2017102126_640x479

車に戻ってriceball昼食を摂り、午後はどうしようかと考えたが、雨が本降りとなって流れに濁りも入って来たので、潔く終了することとした。

Xga2017102110_448x336

岩の上で、何種類かの苔と小さな小さなキノコが寄り添い合うような景色を作っているのが、何とも印象に残った一日だった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 16, 2017

4項目中の2項目が該当で(汗)

先週の水曜日は、静岡市内のhospital総合病院で人間ドックだった。
昨年は、胃の内視鏡検診と眼科検診で要精密検査となったが、再検査の結果は特に問題なしでホッとしたことを覚えている。しかし、同じ項目で引っ掛りたくはないよなぁと思っていたところ、今回胃の内視鏡は全く問題なしで綺麗なものとのことscissors、眼科はまだ結果が出ていないが、経過管理中に良くなるものでもないから、恐らく前回同様要再検査だろうとの事だった think

それより何より、腹囲と血圧の2項目の数値がちょっぴり高くてメタボに引っ掛っている。血圧は、家で測れば正常範囲内なので、いわゆる白衣高血圧のようなのだけれど・・・ coldsweats01
まあ、どこか悪い所があると健康に気を付けるようになるものだから、この結果は真摯に受け止めようと思うところだ。

Xga2017101107_448x336_2

Xga2017101104_448x336_2

この日は受付番号1番ということで、結果説明までを12時40分には終えたので、その足で愛鷹山の昨年良型のアマゴに出逢えた小渓流へ向かった。しかし、出迎えてくれたのはアブラハヤばかり。アマゴらしきアタックもあったので、今季はもう無理だとしても、またいつか訪ねてみたいと思う。

   rain   cloud   rain   cloud   rain   cloud   rain   cloud
 
そんな感じであっという間に週末土曜日を迎えたが、天候は金曜日から続く生憎のsprinkle雨模様。それでも水辺に立ちたいと思い、15日まで釣りができる湧水の渓に独り出掛けた。

Xga2017101405_448x336

最初に訪ねた小さな小さな沢は工事のために入渓がかなわず、第2候補の上流部に入ったのが9時半。幸いにも雨は降り出していなかったが、開けた渓でも薄暗い。

Xga2017101402_448x336

水量は平水で、黒っぽく大き目のカゲロウが結構沢山舞っていたので、これはイケるかもと思ったら、釣り始めてすぐに小さいけれどレッドバンドがくっきりとした小さなレインボウがヒット。そして次のポイントでは、期待のちびあまごがヒット。これは爆釣かなと思ったが、そこからはペースが落ちて、飽きかけた頃にようやく魚が出るというような状況に。それでも、終わってみればなんとか二桁釣果となっていたことに納得する。中には、小さいながら秋色を纏ったアマゴも釣れてくれ、雨も本降りにならなかったなかで、この漁協でのラストチャンスを楽しく過ごさせていただいた。

Xga2017101408_448x336 Xga2017101421_448x336 Xga2017101425_448x336

さて、10月後半は県東部の漁協が管轄していない流れを訪ねることになると思うが、思い入れのある渓に、アマゴ達が元気に棲んでいることを期待したい confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 09, 2017

「river peak」という会社

8月に愛竿のティップを渓で紛失した際に、代わりになるロッドをネットで物色したのだけれど、ちょっと興味を惹かれたのが「river peak」という会社の「ライトキャストオイカワ」というフライロッドだった。
会社のHPを確認してみると、トップに「フライフィッシングの普及に一役」とある。このポリシーは嬉しいなぁと思いながら、肝心のロッドのスペックを見てみると、失ったロッドの代わりにはならないけれど、6フィート3ピースでライン指定は1~2番という、小物釣りにとっても魅力的な製品ではないか。そして定価が8,380円という設定。これはちょっと安すぎて、しっかりした製品なんだろうか?という疑問が湧いた。
しかし、このロッドを紹介したとあるブログを見つけて読ませていただくと、低価格の割にしっかりした造りであるとのこと。買ってみようかなぁと2~3週間迷ったのだけれど、bottle晩酌が進み過ぎてホロ酔い気分になったある夜、誕生日birthdayも近いしと、ついついpcポチっとやってしまった。しかも、Torino-LAという定価11,980円リールと定価1,890円のDT2番ラインも合わせてだ sweat01

Xga2017100106_480x640

Riverpeak

それら全てが自宅に届いたのは、10月1日の日曜日夕方。梱包を解いてみれば、見た目も持った感じも好い。一刻も早くフィールドテストしてみたいなぁと思ったので、ちょうど行事が無かった火曜日に有給休暇を取らせていただき、アマゴの原種が棲むという小渓流に出かけてみた。
振ってみればグラファイトのロッドは非常に軽量で、アクションは3番ラインでも乗せられそうなくらいシャキッとしている。6フィートという短さはラインのさばきが難しいが、それも自らにハンデを科すのだと思えば良いだろう。実戦で最初にヒットしたアマゴは7寸を越える良型だったが、パワーがあるのでファイトも問題ない。これは使えるロッドだという印象を得た。

1003amago

リールの使い心地も良好。回転はスムーズでクリック感も気持ちが良い。ラインは柔らかい感じが強いが、巻き癖がつきにくいかもしれない。何より全てが安価であるのが大変ありがたい。正に、フライフィッシングの普及に貢献するのではないかと思うところだ。今後とも、「river peak社」の製品に注目していきたい。

   rain   cloud   sun   cloud   rain   cloud   sun   cloud
 
さて、この週末は体育の日が入った3連休だったが、ちゃんと(?)釣りに行けたのは土曜日のみ。前日から未明にかけて降った雨の影響が気になったが、火曜日に出かけた渓と同じ漁協が管轄する、水源の違う流れに入ってみた。

20171007nijiamago2

Xga2017100734_640x480

案の定、増水はしていたが濁りは無く、逆にそれが好条件になったようで、アマゴとレインボウがコンスタントに釣れ、小さな流れとしては期待以上の幅広な8寸アマゴや、25cmを越えるレインボウがロッドをバットから曲げるファイトを楽しませてくれた happy01
 
一夜明けた3連休二日目は、オーバー50のsoccerサッカー試合に参加。ポジションはいつもなら右DFだけれど、この日は左MFを任されたので張り切る。しかし、相手チームとは平均年齢にかなりの差があったようで大苦戦sweat01。自分は小さなミスが何度かあって反省することばかりだが、それでもスコアレスドローに終わったので、まぁ良かったかなと思う。
そんな二日間の流れだったので、3連休最終日は野暮用に勤しむ。それでも、懸案のいくつかの用事が早めに片付いたので、午後4時頃からちょっとだけ、裏の小川のオイカワ&カワムツに遊んでもらった。

20171009zako_4

という事で、秋の三連休は楽しくも有意義だったと締めくくります confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

«秋のUターンラッシュ