February 12, 2018

勝てない ! (>_<) !

前回の日記に書いたとおり、この週末土曜日は再び富士山麓の川辺に立つことが出来た。
折からのsun好天に恵まれて、またしても午前中から流れにはライズリングが湧く。
今回は、タックルを若干強化して、9ft4番のロッド・システムにティペットは6X、18番のパラシュートフライでライズに挑むと、ほどなく中型のレインボウがヒットup。実はこの日、ランディングネットを家に忘れてしまったのだが、強化したシステムのおかげで、スリリングなファイトの後にハンドランディングに成功し、めでたくデジタルcameraキープすることができた。

Xga20180210niji1_2

ところで、前回の釣りの最中に、しきりに足元に近づいてくる小鳥が気になったのだが、今回もその小鳥「ジョウビタキ」が、何度も何度も手が届く近さに近付いてきた。せっかくなので、写真を撮らせていただいたが、その円らな瞳と愛らしい姿にと~っても癒されてしまう。こんな出逢いがあるのも、水辺のおかげかなぁと思った次第だ。

20180210_jyoubitaki

午後になってもライズは続き、苦心しながらも何度かヒットさせたが、敵もさるもので、長い長いファイトに持ち込まれた挙句にバラシてしまう。フックが小さく細軸だからだろうか。それでも終了時間に近づいた頃、1尾目より良い型の魚を、狙っていた沈み岩の上で掛け、これまた長いファイトに入る。散々蹂躙されたけれどなんとか持ちこたえたものの、ネットが無いと上げられないと思ったので、下流部で釣りをされていた方にランディングをお願いして、無事ネットイン。ニコパチ画像まで撮っていただけた notes

Xga20180210niji2_2

結局、5尾ヒットして2尾キャッチの4割だったけれど、shine良い画像shineを得ることが出来たので、満足の一日となった。
 
   sun       cloud       rain       cloud      sun
 
soccerサッカー練習とmoneybagお買い物と、近所の焼肉屋での長男坊の誕生日祝いbeerで日曜日を楽しく過ごし、明けた本日月曜日も、再び富士山麓へGO!
期待を抱いて流れに臨んだけれど、空は晴れたものの風が強く吹き、冷え込みも厳しい一日となった。

20180212

それでも、水温が高いおかげでライズは起こり、5時間余り頑張った結果、3尾の良型魚をヒットさせ、全てバラシの無魚で一日を終えたbearing
しかしながら、土曜日にランディングを手伝ってくださった山梨県の釣り師さんと再会し、色々とお話が出来たのが、この日の収穫だったかな。冬季釣り場のシーズンも、残りわずかとなったが、このままでは終われないなぁと思いつつ、午後4時にエリアを後にした confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 06, 2018

海獣とのふれあい、伊勢・鳥羽の旅

2月に入って節分を迎えた土曜日は、先週のリベンジとばかりに、前回比較的反応の好かったフライを1ダースほど巻いて、再び富士山麓の湧水に浸かった。
日本列島を包み込むsnow寒気がやってきて、静岡県内も冷え込むとのことだったが、今回もやはり虹鱒達の盛んなライズがあり、難しくも楽しく遊ばせていただいた。

20170203

とは言え、今回も4回ヒットのうちキャッチは1尾。それでも自分でランディング出来たので、前回よりは良しとするところだ。
次週は3連休なので、もう一度訪ねてみたいと思っているが、天候が気になるこの頃だ。
 
     sun     rvcar     ship     sun     rvcar     ship
 
さて、結婚36周年と、夫婦揃って5回目の年男・年女を迎えた記念に、立春を迎えた4日と、1日休暇をいただいた5日の1泊2日で、三重県への1泊旅行を計画した。

20180204

フェリー代と燃費と高速料金を節約するために、長男のN-WGNを借用して、一路伊良湖港へ向かう。折からの強い西風で海は酷く荒れていたが、伊勢湾フェリーは波風をものともせず、定刻どおりの航行で鳥羽港に到着。予てから楽しみにしていた伊勢シーパラダイスに向かう。
ここは、海獣とのふれあいでテレビでも紹介されていて、人気のファミリースポットだ。
ひとしきり水槽の展示類を巡ってから、4つの海獣ショーを観る。

20180204_2

アシカショーは20分間ほど。目を見張る運動能力upと愛らしい姿に癒されるが、アッカンベーはどうもなぁ・・・coldsweats01

20180204_3

夫婦(めお)トドタイムは、1トンクラスの巨体トドの大迫力を目の前で見て、何とタッチまでさせてくれる。かなりの興奮ものだ。

20180204_4

セイウチお散歩タイムも、タッチOK。600kgもある巨体に長く大きな牙があって、一番の強面かもしれないが、その牙やスパゲティのような髭など、一番あちこち触らせてくれる。しかも芸達者で大いにhappy01笑わせてもらった。

20180204_5

そして一番のお目当てだった、ツメナシカワウソとの握手heart01と、ゴマフアザラシとの記念撮影heart04で、大満足。夫婦岩参拝も含めた4時間ほどの滞在時間は、あっという間だった。

その日のお宿は、鳥羽市相差(おおさつ)の旅館「星海幽月 夢遊華(ゆめゆうか)」さん。
部屋付きの露天風呂と海の幸をキーワードにネット検索して予約した。

20180204_6

そしてその選択は大正解。伊勢海老・鮑・生雲丹を始めとする、新鮮で超美味なお刺身。松坂牛のステーキにメバルの煮つけ。その他、とても食べきれないほどの料理に大満足。日の出を拝める部屋付き露天風呂や、貸し切りにもできる湯殿も気持ちが良かったspa

2018020405

スタッフのみなさんも親切で、本当に暖かく気持ち良く迎えてくれたので、夢遊華さんと伊勢シーパラダイス、またいつかこの組み合わせで訪ねてみたいと考えている。

翌5日の帰り道は、一路プレミアムアウトレットのジャズドリーム長島に向かう。久しぶりに行ってみれば、売り場が随分拡張されていてびっくり。今回は、大した買い物は出来なかったけれど、夏のボーナスが出る頃に、また行ってみようかな。

ということで、無事に釣りと旅を終えたのだが、一夜明けた本日は、美食大食が祟ったのか、ウイルス性の胃腸炎に罹ってhospital病院へ。流行性の病気ではなかったけれど、お楽しみの後に終日絶食の苦しく辛い一日となった。呑みすぎ食べ過ぎ遊び過ぎで、疲れが出てしまったのかなぁと、ちょっぴり反省しているところだsad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2018

僅か1割4分3厘とは

前回は、大寒なのに暖かかったという日記を書いたけれど、週が明けてからは強烈な寒波がやってきて、各地からsnow雪の被害のニュースが聞こえて来た。

それでも静岡県中部では雪はほとんど降らず、最低気温こそ氷点下を記録したものの日中は8℃位まで気温が上がる日が続いた。

Xga2018012701_448x336

そんな土曜日は、どんなに冷え込んでも水温が高めの富士山麓へ出撃する。
幸いにもsun晴天に恵まれて風も穏やかだったので、2週間前同様に水棲昆虫が盛んにハッチして虹鱒のライズupもあり、10時半から4時までの間に、良型虹鱒7尾をドライフライでヒットさせることが出来た。

Xga2018012713_448x336

そのどれもがグッド・コンディションらしくファイトが強い。3番ロッドに7Xティペットという組み合わせだと、ランディングまでに何分も掛かってしまう。なので、釣りを終える頃にはロッドを支える左手首と、左上腕から肩にかけてが痛くなってしまうほどだった。
しかしながら・・・、しかしながらだ。ヒットさせた7尾の内3尾は蹂躙されまくった挙句にティペット切れで、もう3尾はランディング直前でバラシという有様sweat01
キャッチ&デジタルcameraキープできたのは7分の1、何とたったの1尾で、それも下流側で釣っていたフライマンにランディングしてもらったという情けなさ。もう少し上手にならなくっちゃなぁと、打ちのめされた一日になった wobbly

Xga2018012705_448x336

それでも唯一の虹鱒は、黒点がほとんどない美しいボディに、ヒレがピンとした逞しい魚だったので、満足ではあった。
 
それにしても、富士山の湧水はありがたい。さんざんファイトした虹鱒は体力を消耗し切っていて、そのままリリースすると呼吸がままならず死んでしまうこともあるので、暫くの間流れ顔を向けるようにして水中で保持していなければならないが、手を流れに長時間浸していても、全く冷たく感じない。それどころか、気温よりも水温の方がずっと温かく感じるのだから、恐らく10℃以上はあるのだろう。

偶々橋の上から流れを眺めてみたら、なんと大きなスッポンを見つけた。亀が冬眠しないというのも、この温かい水のおかげなんだろう。

Xga2018012715_448x336_2

この素晴らしいエリアを運営してくれる富士宮漁協さんには、心から感謝したいと思った次第だ confident

Xga2018012716_448x336

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2018

大寒だというのに大汗!?

1月も中旬に入ったが、先週は水曜日こそ雨が降ったものの最高気温が10℃を割る事もなく、不思議と暖かい日々が続いていた。
大寒を迎えた土曜日も、気温は15℃程度まで上るという。ならば、渓流でも勝負になるかなと考えて、独り西隣の市の冬季釣り場に出かけてみる。

Xga2018012001_448x336

Xga2018012002_448x336

sun釣り開始は11時。山間ながら気温が上がり、エリア下流部の開けた流れでは、ぽつりぽつりとライズリングが見えたので、そ~っと近づいて18番のパラシュートをプレゼントすると、掛かってくれたのは元気なカワムツ。同じポイントで、虹鱒らしいアタックもあったけれどフッキングできず、ロッドを曲げてくれるのは良型のカワムツばかり sweat01
そこから少し遡った平瀬でのヒットは、虹鱒にしては小さくて、カワムツにしては大きいなと思える魚が!
慎重に取り込んでみると、嬉しや銀毛っぽいちびアマゴだった happy01

Xga2018012012_448x336

riceball昼食後は、エリアの中流域から再入渓する。

Xga2018012017_448x336

最初のポイントには虹鱒が10尾程も群れていたが、ドライフライには無反応。そこからどんどん遡って行くと虹鱒は所々にかたまっていたが、やはり水面には興味を示さない。3時半までにエリア最上流部へ到着してしまったが、結局カワムツ少々とちびアマゴを追加したのみ think
まだ帰るには早かったので、午後の入渓点に戻って、今度はニンフ系のフライをあれやこれやと流してみるが、虹鱒達はどうしても反応してくれなかった sad

Xga2018012014_448x336

ということで、大寒ながら暖かなコンディションに恵まれたが、遡行に汗sweat01をかくやら虹鱒の無反応に冷や汗sweat01sweat01をかくやらで、やや消化不良気味の一日になってしまった。
それでも、一目で放流ものとは判るもののちびアマゴも釣れて、やっぱり小渓流の釣りは自分の好みに合っていて楽しかった。
次回は何とか、手強い虹鱒達に一矢報いたいものだ confident

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2018

捨てる神に拾う神

Xga2018011301_1024x769_448x336

年が明けて2回目の土曜日は、西高東低冬型の気圧配置ながらsun好天に恵まれたので、富士山の雄姿を間近に観たくなり、麓の湧水の冬季釣り場に独り出掛けた。
到着は10時半少し前。まずはいつもの車止めの直下の、小さな段差の脇に18番のパラシュートを浮かべてみると、いきなりアタックがあってびっくり。掛かった楽々尺越えのレインボウは、ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!の3連発で、7Xのティペットを引きちぎって行ってしまった・・・。がっくり wobbly

Xga2018011302_1024x768_448x336

Xga2018011304_1024x768_448x336

その後、エリアの最上流部に移動してみると、所々でライズがあるのだが、そこには4人の釣り人が分散していて入るスペースがない。そこで、ライズから少し外れた場所を探ってみるのだが、何となく魚の気配は感じられない。誰かライズ・ポイントを空けてくれないかなぁと、1時間余り辺りをうろうろと歩き回ったのだけれど、チャンスが訪れること無く昼食時となったので、ほとんど竿を出さないままに車に戻ることにした。
コンビニriceballおにぎりの昼食後は、下流域の様子を観に行こうかと思ったが、車のすぐ対岸で釣っていたフライフィッシャーの方が、「ここでライズがあるよ~、やってみな~!」とポイントを譲ってくれたので、これ幸いにフライを流させていただく。

Xga2018011306_1024x768_448x336

Xga2018011311_1024x768_448x336

確かに、水面にはひっきりなしに小型のカゲロウが流れてきて、やる気満々な魚達がひっきりなしにライズしているが、自分の拙いフライにはなかなか反応してくれない。それでも、色々とフライを取り換えながら、特にリーダーよりフライが先行するように苦心しながら流してみると、ついにヒットsign03ティペットを切られないように慎重にファイトして、数分後にネットに収まったのは40クラスの美形虹鱒だった。捨てる神あれば拾う神ありとは言うけれど、このポイントを譲って下さった方は、正に拾う神に思えてならなかったshine
この後にもう1尾の虹鱒と出逢えたので、2時を回った所でその場を空けて、下流部の様子を見にのんびりと散歩してみたがライズは見つからず、3時になってヒットポイントまで戻って来た。
そこで再び良型1尾を追加し、3時半の終了間際に掛けた魚には、散々ファイトを楽しませてくれたもののバラシcoldsweats01

Xga2018011321_1024x767_448x336 Xga2018011325_1024x768_448x336 Xga2018011329_1024x768_448x336

この日の釣果は、結局40クラス3尾とバラシ&ティペット切れ数尾というところだったが、存分に楽しませてもらったし、ポイントを譲って頂けたという気持ち良い思いでエリアを後にする。

Xga2018011317_1024x768_448x336

1月上旬という厳寒期であるのにもかかわらず、暖かい湧水のおかげでカゲロウがハッチして、長時間にわたって魚のライズが続くこのエリアの存在は、自分にとって心からありがたい。2月末までの短い期間ではあるけれど、また再びこの水辺に挑戦したいなと思える一日となった。
 
ところで、この日活躍してくれたリールは、前の日記で紹介した river peak 社の製品だが、大きすぎるかなぁと感じていた外径は、大物とのリールファイトではとっても扱い易いと思わせてくれ、道具というのは見かけで判断してはいけないことを再認識させてくれた。

Xga2018011403_336x448

その river peak 社の製品は、「NISHIKITA TRADING」さんという会社を通じて購入するのだが、今回のリールを購入した際に、「製品をブログ等で紹介すれば、フライラインをプレゼントする」というキャンペーンがあったので、即登録した。すると15日になって、希望していたダブルテーパー2番のフローティングラインが自宅に届いた。カラーはお任せだったが、自分が持ったことのない、渋~いモス・グリーンの物だったのが嬉しい notes
さて、このラインを、持ち合わせているどのリールに合わせるか。それとも、また新たにリールを買ってしまうのだろうか・・・ wink

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 08, 2018

今年も工夫と改善を!

平成30年の幕開けに際しまして、ココログちびあまごをご訪問の皆様におかれましては、明るく希望に満ちた新年をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。

私も相変わらずフライフィッシングとサッカーに熱中し、週1回のペースで下手な日記を綴っていきたいと思いますので、本年もお付き合いいただければ幸いです confident
 
     sun     sun     sun     sun     sun
 
さて、5年ほど前から元日早朝は、裏の小川の土手を20分ばかり散歩してfuji初日の出を拝むことが恒例となっているが、その帰りに近所の神社まで足を延ばして初詣も済ましていたために、どうしても帰宅が7時半過ぎになってしまっていた。それでは、某商業施設の初売りに遅れてしまうと女房殿が言うので、今年はスタート時間を30分早め、暗いうちに初詣を済ましてから初日の出に向かってみた。

20180101

初日の出の時間は固定的なので早起きはしなければならないが、順番を逆にしてみることで、その後のスケジュールに余裕が生まれた。工夫とか改善とかは、仕事でも生活でも大切な事だが、些細な事でも新年早々に工夫が図れたので、何とはなしに今年も良い年になりそうな期待感を持てたことは、良かったなぁと思うところだ。

それにしても、年末から年始にかけて県内は穏やかな天気に恵まれて、のんびりと良い正月を過ごすことができた。そして迎えた6日の土曜日は、どこで初釣りの儀を執り行おうかと迷っていたのだが、幸い天気も良さそうなので、大好きな小渓流の釣りができる原野谷川に行く先を決める。

Xga2018010601_448x336

例によってフライボックスがスカスカだったので、出発前にフライを数本タイイングしたのだけれど、前回ライズを獲れなかったことを少し反省して、自分としては極限的に小さめな18番のフックにダークダンのハックルを巻いた。上手な方から見れば、ボディもテールも無い粗末なフライではあるけれど、自分としてはこれでも工夫したつもりだ coldsweats01
そんなことで釣り開始は11時を過ぎてしまったが、穏やかな天候だったからかニジマスのライズもあり、初物への期待が湧く。しかしながら、今年の初ヒットは小さなカワムツであった。

2018

Xga2018010605_448x336_2

それから午後3時半過ぎまで、厳しい釣りではあったけれど、何とかお目当ての魚も釣れて、初釣りとしては十分に納得がいく一日となったhappy01。工夫し改善すべきことは限りなくあるけれど、ともあれ18番のパラシュートでしっかりと釣れたこと、そして年末に買った river peak のフライリールに入魂が出来たことが嬉しかった。

今回使ったロッドのJストリームN+はグリップが小さめなので、ラージアーバーのリールを装着すると見た目がアンバランスな感じがするが、98gという重さはマッチしている。クリック感も軽快で、今シーズンは活躍してくれそうだ。次回はどのロッドに合わせて使ってみようかなぁnotes

Xga2018010603_448x336_2

追記:この日愛車を停めた辺りには、野イチゴが赤い実を付けていた。調べてみると冬場に実が熟す「フユイチゴ」というものらしい。食べれば美味しいとのことだ。次回は少し摘んでみようかな♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 30, 2017

2017アルバム完成

Xga2017122913_448x336

2003年から毎年、1ケ年分の釣魚やポイントのcamera写真をアルバムにまとめるようになったが、15冊目となる2017年分が完成した。100円ショップで売っている60ポケットのハガキフォルダに、今年の67回の釣行の、表紙を含めて119枚の写真とインデックスを収めたもので、その多くがこのブログに表示している画像から抜粋したものだ。

改めて1ページずつ繰って写真を見てみると、その時々のシチュエーションを思い出して感慨深い。それにしても、今年も多くの美しい魚達と出逢え、かなり良い釣りが出来たものだったなぁと思うところだ。

ところで、xmasクリスマスイブの夜に、ほろ酔い加減でついまたポチッと・・・。3日後には、river peak の Thames-LA というフライリールが、自分へのクリスマスpresentプレゼントとして届いた。

Thamesla34

ライン3・4番用で98gの軽量リールだが、箱を開けてみると、その大きさにびっくり。以前に買った Torino-LA よりも一回り大きい。ロッドに装着してみると、若干の違和感があるけれど、まあその内に慣れるだろう。新たな年に、このリールが活躍してくれることを祈りたい。
 
さて、本年も残りわずかとなりましたが、ココログちびあまごにご訪問くださいました皆様、拙い日記をお読みいただきまして、大変ありがとうございました。
皆様が、希望に満ちた新年を迎えられることを心からお祈り申し上げて、年末のご挨拶といたします confident
 
※ この日記は、閲覧のみとさせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2017

スター・ウォーズ、そしてサッカーに温泉&釣り

冬至を過ぎて今年もいよいよ押し詰まって来たところだけれど、この週末は目いっぱいと言っていいくらい遊んでしまった coldsweats01

まずは土曜日、年賀状を郵便局で投函してから「ららぽーと磐田」へ向かい、スター・ウォーズ エピソードⅧ 「最後のジェダイ」を鑑賞。前作「フォースの覚醒」を観てからず~っと楽しみにしていたのだが、次はどうなるのという展開が迫力満点ながらも、所々にしっかりと笑いhappy01も押さえた、期待を裏切らない大作だったshine
映画の後には色々とショッピングなどもして、とりあえずクリスマスイブを前にした女房孝行の一日になったかなと思う。
 
翌日曜日は、朝8時に行きつけの理容室で頭をさっぱりとしてもらってから、soccerサッカー練習に参加。いつもなら10時からの2時間頑張るところだが、1時間張り切って存分に汗sweat01を流し、11時に早上がりさせていただく。そして掛川市の弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉spa「ならここの湯」へ直行。透明だけれどちょっとぬるぬるした感じの「美肌の湯」でお肌つるつるになって、身体も芯から温まった。

2017122401_1024x768_448x336

実のところ、朝からスケジュールを詰め込んだのは、釣り納めをするラストチャンスだったからで、入浴後は温泉施設の横を流れる原野谷川に3度目の挑戦を試みる。
3週間前にはドライフライでまずまず楽しい釣りができたのだが、その後気温も水温も下がった上に渇水とあって、フライに対する魚の反応は著しく渋くなっていた。それでも魚影は結構確認できたし、時折ライズもあったのだが、フライをキャストした瞬間に逃げまどってしまうほど敏感になっていて、3時間でデカデカのカワムツとちびアマゴ、そして本命の小型レインボウが仲良く各1尾ずつという貧果に終わった。

2017122404_1024x768_448x336 2017122412_1024x768_448x336 2017122418_1024x769_448x336

それでも何とか、ドライフライでの釣り納めが出来て満足だ。モノには出来なかったけれど、3時半頃には集中的なライズもあったので、年が明けても期待はできるかもしれない。西のエリアと東のエリア、さて初釣りはどちらに行くことになるだろうか confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 18, 2017

ライズしまくりなのに・・・

平成29年も残り半月となって、何かとやらなければいけない事も多いのだけれど、週末土曜日はそんな現実に目を背けて、また富士山麓の冬季釣り場に独り出掛けてしまった。

Xga2017121601_640x291

出発時は幸いにも良いお天気となったが、富士山は頭に笠雲を載せていて、この後天候が崩れるのかなぁと思わせる。そこで、ダウンベストにフリースのジャケットを着込んだ上に、ワークマンの防水・防寒パーカを羽織って釣りを開始したのだが、結果的には終日穏やかなポカポカ陽気となって、ポイントを移動するたびに大汗sweat01をかくハメになってしまった coldsweats01

Xga2017121605_448x336

そんな絶好の釣り日和だったので、様々な水棲昆虫が水面をたくさん流れて、魚達も活発にライズするという願ってもない状況になったのだが、自分が持っている限られた種類のドライフライに魚達は反応してくれない。水面を観察すると、白っぽい小型のカゲロウを捕食しているようなので、似た色・サイズのフライを流すのだけれど、賢いレインボウには完全に無視され、それでもオイカワは喰らいついてくれた。

Xga2017121607_448x336_2

午前中に何とか1尾をと思いながら、フライを慣れないニンフにチェンジして流してみると、連続して2尾のレインボウがヒット。どちらもハラハラ・ドキドキのファイトを楽しませてくれたが、2尾目はコンディションもばっちりの美形・良型で、テンションも最高潮に。

     Xga2017121611_448x337     Xga2017121616_448x336

riceball昼食後は再びフライをドライに結び直し、実績のあるエリア最下流部へ移動。やはりライズはあったものの、どうやっても拙いフライに反応させることが出来ず、1時間ほどでギブアップ。

Xga2017121623_448x336_2

その後もあちこちとポイントを巡って、ライズを見つけるたびにフライを流すのだけれど、どうしても喰ってはくれず、watch時計の針が3時半を回って気力が尽きた wobbly
それにしても、嫌というほどのライズを見せつけられながら、全く騙すことができなかったのは情けない。
いったいどうすれば、賢いレインボウ達の気を惹くことができるのか、大きな課題が残った1日となった think

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 11, 2017

小川の土手に集まって(19thオイオフ)

2001年11月に開設されて以来、11月から翌年2月の冬季釣場として親しんできた天竜川ルアー&フライエリアが、秋葉ダム等の放水で今シーズンは釣りにならないと聞いていたところ、12月に入って流れが安定し釣果も上がっているとの情報があったので、週末土曜日に様子を見に行ってみた。

Xga2017120902_448x336_2

長年購入していたシーズン券は見送りsweat01、途中のコンビニで日釣り券を買って現地入りすると、一番好きなエリア最上流部はダムの水門1基が開けられていて水量がやや多いものの、渇水時よりは良いコンディションに思われる。

Xga2017120903_448x335

前日に放流を行ったと漁協さんのpcHPに載っていたので少しだけ期待したのだが、水棲昆虫の羽化が無かったためか魚達は水面を向かないようで、午後3時過ぎまで毛鉤をポイントに浮かべ続けたものの、雑魚を含めてただ1度の反応もなく、周囲の釣り人達のヒットシーンが、やけに羨ましく感じられた一日となった think

Xga2017121004_448x336

明けて日曜日は12月の恒例行事となった、釣り仲間「ひろりん」呼びかけの「オイオフ」に参加。なんと19回目の開催となるが、自分はどうやら皆勤であるらしい coldsweats01 そして、開催日が概ねsun好天に恵まれてきたのは、主催者ひろりんが持つ強運だろうか。

Xga2017121016_448x335 Xga2017121012_448x336 Xga2017121007_448x336

Xga2017121024_448x336

ポカポカと暖かい釣り日和となったいつもの小川の土手に、9時半頃から仲間たちが三々五々参集して、ひろりんが仕込んだおでんと鮎の一夜干しをメインに、参加者持ち寄りのモツ煮やアオリイカのお刺身などを味わいながら、色々なお酒を堪能する。そして時々fish釣りだ。

しかし釣果の方は、魚達の活性が上がらず小さなカワムツ1尾をキャッチできたにとどまった。それでも、前日に続いての無魚は回避できたので、ホッとする。
来年この集いは20回目となる。メンバー全員が心がけを良くして、是非とも好天の下での記念開催となることを祈りたい。

Xga2017121027_448x335

ひろりんと愉快な仲間のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました happy01

| | Comments (4) | TrackBack (0)

«キーワードは「残留」