January 15, 2018

捨てる神に拾う神

Xga2018011301_1024x769_448x336

年が明けて2回目の土曜日は、西高東低冬型の気圧配置ながらsun好天に恵まれたので、富士山の雄姿を間近に観たくなり、麓の湧水の冬季釣り場に独り出掛けた。
到着は10時半少し前。まずはいつもの車止めの直下の、小さな段差の脇に18番のパラシュートを浮かべてみると、いきなりアタックがあってびっくり。掛かった楽々尺越えのレインボウは、ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!の3連発で、7Xのティペットを引きちぎって行ってしまった・・・。がっくり wobbly

Xga2018011302_1024x768_448x336

Xga2018011304_1024x768_448x336

その後、エリアの最上流部に移動してみると、所々でライズがあるのだが、そこには4人の釣り人が分散していて入るスペースがない。そこで、ライズから少し外れた場所を探ってみるのだが、何となく魚の気配は感じられない。誰かライズ・ポイントを空けてくれないかなぁと、1時間余り辺りをうろうろと歩き回ったのだけれど、チャンスが訪れること無く昼食時となったので、ほとんど竿を出さないままに車に戻ることにした。
コンビニriceballおにぎりの昼食後は、下流域の様子を観に行こうかと思ったが、車のすぐ対岸で釣っていたフライフィッシャーの方が、「ここでライズがあるよ~、やってみな~!」とポイントを譲ってくれたので、これ幸いにフライを流させていただく。

Xga2018011306_1024x768_448x336

Xga2018011311_1024x768_448x336

確かに、水面にはひっきりなしに小型のカゲロウが流れてきて、やる気満々な魚達がひっきりなしにライズしているが、自分の拙いフライにはなかなか反応してくれない。それでも、色々とフライを取り換えながら、特にリーダーよりフライが先行するように苦心しながら流してみると、ついにヒットsign03ティペットを切られないように慎重にファイトして、数分後にネットに収まったのは40クラスの美形虹鱒だった。捨てる神あれば拾う神ありとは言うけれど、このポイントを譲って下さった方は、正に拾う神に思えてならなかったshine
この後にもう1尾の虹鱒と出逢えたので、2時を回った所でその場を空けて、下流部の様子を見にのんびりと散歩してみたがライズは見つからず、3時になってヒットポイントまで戻って来た。
そこで再び良型1尾を追加し、3時半の終了間際に掛けた魚には、散々ファイトを楽しませてくれたもののバラシcoldsweats01

Xga2018011321_1024x767_448x336 Xga2018011325_1024x768_448x336 Xga2018011329_1024x768_448x336

この日の釣果は、結局40クラス3尾とバラシ&ティペット切れ数尾というところだったが、存分に楽しませてもらったし、ポイントを譲って頂けたという気持ち良い思いでエリアを後にする。

Xga2018011317_1024x768_448x336

1月上旬という厳寒期であるのにもかかわらず、暖かい湧水のおかげでカゲロウがハッチして、長時間にわたって魚のライズが続くこのエリアの存在は、自分にとって心からありがたい。2月末までの短い期間ではあるけれど、また再びこの水辺に挑戦したいなと思える一日となった。
 
ところで、この日活躍してくれたリールは、前の日記で紹介した river peak 社の製品だが、大きすぎるかなぁと感じていた外径は、大物とのリールファイトではとっても扱い易いと思わせてくれ、道具というのは見かけで判断してはいけないことを再認識させてくれた。

Xga2018011403_336x448

その river peak 社の製品は、「NISHIKITA TRADING」さんという会社を通じて購入するのだが、今回のリールを購入した際に、「製品をブログ等で紹介すれば、フライラインをプレゼントする」というキャンペーンがあったので、即登録した。すると15日になって、希望していたダブルテーパー2番のフローティングラインが自宅に届いた。カラーはお任せだったが、自分が持ったことのない、渋~いモス・グリーンの物だったのが嬉しい notes
さて、このラインを、持ち合わせているどのリールに合わせるか。それとも、また新たにリールを買ってしまうのだろうか・・・ wink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2018

今年も工夫と改善を!

平成30年の幕開けに際しまして、ココログちびあまごをご訪問の皆様におかれましては、明るく希望に満ちた新年をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。

私も相変わらずフライフィッシングとサッカーに熱中し、週1回のペースで下手な日記を綴っていきたいと思いますので、本年もお付き合いいただければ幸いです confident
 
     sun     sun     sun     sun     sun
 
さて、5年ほど前から元日早朝は、裏の小川の土手を20分ばかり散歩してfuji初日の出を拝むことが恒例となっているが、その帰りに近所の神社まで足を延ばして初詣も済ましていたために、どうしても帰宅が7時半過ぎになってしまっていた。それでは、某商業施設の初売りに遅れてしまうと女房殿が言うので、今年はスタート時間を30分早め、暗いうちに初詣を済ましてから初日の出に向かってみた。

20180101

初日の出の時間は固定的なので早起きはしなければならないが、順番を逆にしてみることで、その後のスケジュールに余裕が生まれた。工夫とか改善とかは、仕事でも生活でも大切な事だが、些細な事でも新年早々に工夫が図れたので、何とはなしに今年も良い年になりそうな期待感を持てたことは、良かったなぁと思うところだ。

それにしても、年末から年始にかけて県内は穏やかな天気に恵まれて、のんびりと良い正月を過ごすことができた。そして迎えた6日の土曜日は、どこで初釣りの儀を執り行おうかと迷っていたのだが、幸い天気も良さそうなので、大好きな小渓流の釣りができる原野谷川に行く先を決める。

Xga2018010601_448x336

例によってフライボックスがスカスカだったので、出発前にフライを数本タイイングしたのだけれど、前回ライズを獲れなかったことを少し反省して、自分としては極限的に小さめな18番のフックにダークダンのハックルを巻いた。上手な方から見れば、ボディもテールも無い粗末なフライではあるけれど、自分としてはこれでも工夫したつもりだ coldsweats01
そんなことで釣り開始は11時を過ぎてしまったが、穏やかな天候だったからかニジマスのライズもあり、初物への期待が湧く。しかしながら、今年の初ヒットは小さなカワムツであった。

2018

Xga2018010605_448x336_2

それから午後3時半過ぎまで、厳しい釣りではあったけれど、何とかお目当ての魚も釣れて、初釣りとしては十分に納得がいく一日となったhappy01。工夫し改善すべきことは限りなくあるけれど、ともあれ18番のパラシュートでしっかりと釣れたこと、そして年末に買った river peak のフライリールに入魂が出来たことが嬉しかった。

今回使ったロッドのJストリームN+はグリップが小さめなので、ラージアーバーのリールを装着すると見た目がアンバランスな感じがするが、98gという重さはマッチしている。クリック感も軽快で、今シーズンは活躍してくれそうだ。次回はどのロッドに合わせて使ってみようかなぁnotes

Xga2018010603_448x336_2

追記:この日愛車を停めた辺りには、野イチゴが赤い実を付けていた。調べてみると冬場に実が熟す「フユイチゴ」というものらしい。食べれば美味しいとのことだ。次回は少し摘んでみようかな♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 30, 2017

2017アルバム完成

Xga2017122913_448x336

2003年から毎年、1ケ年分の釣魚やポイントのcamera写真をアルバムにまとめるようになったが、15冊目となる2017年分が完成した。100円ショップで売っている60ポケットのハガキフォルダに、今年の67回の釣行の、表紙を含めて119枚の写真とインデックスを収めたもので、その多くがこのブログに表示している画像から抜粋したものだ。

改めて1ページずつ繰って写真を見てみると、その時々のシチュエーションを思い出して感慨深い。それにしても、今年も多くの美しい魚達と出逢え、かなり良い釣りが出来たものだったなぁと思うところだ。

ところで、xmasクリスマスイブの夜に、ほろ酔い加減でついまたポチッと・・・。3日後には、river peak の Thames-LA というフライリールが、自分へのクリスマスpresentプレゼントとして届いた。

Thamesla34

ライン3・4番用で98gの軽量リールだが、箱を開けてみると、その大きさにびっくり。以前に買った Torino-LA よりも一回り大きい。ロッドに装着してみると、若干の違和感があるけれど、まあその内に慣れるだろう。新たな年に、このリールが活躍してくれることを祈りたい。
 
さて、本年も残りわずかとなりましたが、ココログちびあまごにご訪問くださいました皆様、拙い日記をお読みいただきまして、大変ありがとうございました。
皆様が、希望に満ちた新年を迎えられることを心からお祈り申し上げて、年末のご挨拶といたします confident
 
※ この日記は、閲覧のみとさせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2017

スター・ウォーズ、そしてサッカーに温泉&釣り

冬至を過ぎて今年もいよいよ押し詰まって来たところだけれど、この週末は目いっぱいと言っていいくらい遊んでしまった coldsweats01

まずは土曜日、年賀状を郵便局で投函してから「ららぽーと磐田」へ向かい、スター・ウォーズ エピソードⅧ 「最後のジェダイ」を鑑賞。前作「フォースの覚醒」を観てからず~っと楽しみにしていたのだが、次はどうなるのという展開が迫力満点ながらも、所々にしっかりと笑いhappy01も押さえた、期待を裏切らない大作だったshine
映画の後には色々とショッピングなどもして、とりあえずクリスマスイブを前にした女房孝行の一日になったかなと思う。
 
翌日曜日は、朝8時に行きつけの理容室で頭をさっぱりとしてもらってから、soccerサッカー練習に参加。いつもなら10時からの2時間頑張るところだが、1時間張り切って存分に汗sweat01を流し、11時に早上がりさせていただく。そして掛川市の弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉spa「ならここの湯」へ直行。透明だけれどちょっとぬるぬるした感じの「美肌の湯」でお肌つるつるになって、身体も芯から温まった。

2017122401_1024x768_448x336

実のところ、朝からスケジュールを詰め込んだのは、釣り納めをするラストチャンスだったからで、入浴後は温泉施設の横を流れる原野谷川に3度目の挑戦を試みる。
3週間前にはドライフライでまずまず楽しい釣りができたのだが、その後気温も水温も下がった上に渇水とあって、フライに対する魚の反応は著しく渋くなっていた。それでも魚影は結構確認できたし、時折ライズもあったのだが、フライをキャストした瞬間に逃げまどってしまうほど敏感になっていて、3時間でデカデカのカワムツとちびアマゴ、そして本命の小型レインボウが仲良く各1尾ずつという貧果に終わった。

2017122404_1024x768_448x336 2017122412_1024x768_448x336 2017122418_1024x769_448x336

それでも何とか、ドライフライでの釣り納めが出来て満足だ。モノには出来なかったけれど、3時半頃には集中的なライズもあったので、年が明けても期待はできるかもしれない。西のエリアと東のエリア、さて初釣りはどちらに行くことになるだろうか confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 18, 2017

ライズしまくりなのに・・・

平成29年も残り半月となって、何かとやらなければいけない事も多いのだけれど、週末土曜日はそんな現実に目を背けて、また富士山麓の冬季釣り場に独り出掛けてしまった。

Xga2017121601_640x291

出発時は幸いにも良いお天気となったが、富士山は頭に笠雲を載せていて、この後天候が崩れるのかなぁと思わせる。そこで、ダウンベストにフリースのジャケットを着込んだ上に、ワークマンの防水・防寒パーカを羽織って釣りを開始したのだが、結果的には終日穏やかなポカポカ陽気となって、ポイントを移動するたびに大汗sweat01をかくハメになってしまった coldsweats01

Xga2017121605_448x336

そんな絶好の釣り日和だったので、様々な水棲昆虫が水面をたくさん流れて、魚達も活発にライズするという願ってもない状況になったのだが、自分が持っている限られた種類のドライフライに魚達は反応してくれない。水面を観察すると、白っぽい小型のカゲロウを捕食しているようなので、似た色・サイズのフライを流すのだけれど、賢いレインボウには完全に無視され、それでもオイカワは喰らいついてくれた。

Xga2017121607_448x336_2

午前中に何とか1尾をと思いながら、フライを慣れないニンフにチェンジして流してみると、連続して2尾のレインボウがヒット。どちらもハラハラ・ドキドキのファイトを楽しませてくれたが、2尾目はコンディションもばっちりの美形・良型で、テンションも最高潮に。

     Xga2017121611_448x337     Xga2017121616_448x336

riceball昼食後は再びフライをドライに結び直し、実績のあるエリア最下流部へ移動。やはりライズはあったものの、どうやっても拙いフライに反応させることが出来ず、1時間ほどでギブアップ。

Xga2017121623_448x336_2

その後もあちこちとポイントを巡って、ライズを見つけるたびにフライを流すのだけれど、どうしても喰ってはくれず、watch時計の針が3時半を回って気力が尽きた wobbly
それにしても、嫌というほどのライズを見せつけられながら、全く騙すことができなかったのは情けない。
いったいどうすれば、賢いレインボウ達の気を惹くことができるのか、大きな課題が残った1日となった think

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 11, 2017

小川の土手に集まって(19thオイオフ)

2001年11月に開設されて以来、11月から翌年2月の冬季釣場として親しんできた天竜川ルアー&フライエリアが、秋葉ダム等の放水で今シーズンは釣りにならないと聞いていたところ、12月に入って流れが安定し釣果も上がっているとの情報があったので、週末土曜日に様子を見に行ってみた。

Xga2017120902_448x336_2

長年購入していたシーズン券は見送りsweat01、途中のコンビニで日釣り券を買って現地入りすると、一番好きなエリア最上流部はダムの水門1基が開けられていて水量がやや多いものの、渇水時よりは良いコンディションに思われる。

Xga2017120903_448x335

前日に放流を行ったと漁協さんのpcHPに載っていたので少しだけ期待したのだが、水棲昆虫の羽化が無かったためか魚達は水面を向かないようで、午後3時過ぎまで毛鉤をポイントに浮かべ続けたものの、雑魚を含めてただ1度の反応もなく、周囲の釣り人達のヒットシーンが、やけに羨ましく感じられた一日となった think

Xga2017121004_448x336

明けて日曜日は12月の恒例行事となった、釣り仲間「ひろりん」呼びかけの「オイオフ」に参加。なんと19回目の開催となるが、自分はどうやら皆勤であるらしい coldsweats01 そして、開催日が概ねsun好天に恵まれてきたのは、主催者ひろりんが持つ強運だろうか。

Xga2017121016_448x335 Xga2017121012_448x336 Xga2017121007_448x336

Xga2017121024_448x336

ポカポカと暖かい釣り日和となったいつもの小川の土手に、9時半頃から仲間たちが三々五々参集して、ひろりんが仕込んだおでんと鮎の一夜干しをメインに、参加者持ち寄りのモツ煮やアオリイカのお刺身などを味わいながら、色々なお酒を堪能する。そして時々fish釣りだ。

しかし釣果の方は、魚達の活性が上がらず小さなカワムツ1尾をキャッチできたにとどまった。それでも、前日に続いての無魚は回避できたので、ホッとする。
来年この集いは20回目となる。メンバー全員が心がけを良くして、是非とも好天の下での記念開催となることを祈りたい。

Xga2017121027_448x335

ひろりんと愉快な仲間のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました happy01

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 04, 2017

キーワードは「残留」

先週末土曜日は、soccerJ1リーグの最終戦が行われることになっていた。
自分は今シーズン、一度もスタジアムに応援に行かなかったダメダメサポーターcoldsweats01ではあるけれど、地元のチームには少なからず思い入れもある。そして応援する清水エスパルスは、敗ければJ2への降格もある厳しい一戦で、相手は強豪の神戸だ。真面目なサポならアゥエーのスタジアムに行かないまでも、テレビやネットで戦いぶりを観るところだが、前の試合で前半2点のリードを守り切れなかった今のチーム状態を考えると、「J1残留」は限りなく難しく思え、とても“その瞬間”は観るに堪えない。

なので、恥ずかしながら現実逃避を試みて、隣の市の冬季釣り場へ独り出掛けたsweat01

Xga2017120201_448x336

2017120202_448x335

2週間前は雨に降られたけれども、この日はsun快晴の釣り日和。当初放流されたニジマスが、どれだけ「残留」しているのかが不安だったが、その後に追加放流があったのか、写真の赤い矢印のとおりエリアのあちらこちらで小さな群れを確認することができた。しかし、魚達の反応は超厳しく、時折ライズが見られたものの自分の拙い毛鉤には関心を示してもらえず、無魚逃れで沈めた管理釣り場用市販フライでようやく1尾をキャッチできたにとどまった think

Xga2017120207_448x336

しかし、本命以外にもでかでかのカワムツや、これも最近放流されたらしい小型のアマゴがファイトを楽しませてくれたので、終わってみれば楽しい一日になった。
特に、終盤に釣れたアマゴは、大きくはないものの今回の放流ものではない「残留組」らしきワイルドさが漂っていたので、これが釣れるなら通う価値はあるよなぁと思わせてくれた。

Xga2017120230_448x336 Xga2017120213_448x336 Xga2017120253_448x336

maple紅葉を愛でながら渓流釣りが楽しめるというのも、なかなか無いシチュエーションだ。この釣り場が試験営業から正式にスタートすることを、心から願いたい。

さて、満足の釣りから帰宅してみれば、清水エスパルスは最終戦に勝利notesして、見事「J1残留」を決めてくれた。小林監督を始め、選手やスタッフのみなさん、そして熱心なサポーターのみなさん、シーズン通して大変お疲れ様でした。来シーズンもオレンジ戦士達の雄姿をJ1の舞台で観ることができるのは、本当に嬉しく思います happy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 27, 2017

富士山と紅葉を愛でる

11月23日の勤労感謝の日に先立つ21日に、自分は勤続40年を表彰していただいた。
組織にどれだけ貢献してきたかというと、自慢できるものは全く無いけれど、まあ良くやってきたものだと自分を褒めたい。
ちなみに、表彰に当たって職場から頂いたものは、表彰状とボールペンだけだった coldsweats01

ところで23日は終日野暮用に追われたが、立ち寄ったスーパーのガチャ・コーナーに興味を惹かれるモノがあったので、300円を投じて1個買ってみた。
それが、fuji富士山の四季を現したフィギュアで、春夏秋冬の4種類あるそうだが、コロンsign01と出てきたのは夏バージョン。富士五湖がある山梨県側からのビューが表側(表示板がある)なのは静岡県民として残念だが、とても良く出来ていて気に入った。また是非、春バージョンを狙ってみたいと思う。

20171123

ついでに紹介したいのは「ローカル女子の遠吠え」というコミックス。静岡ネタ満載の4コマ漫画が話題になっているとネットで見つけたので、3巻まとめて買ってみた。
読んだ感想は、、、結構笑えますよ wink

Xga2017112501_448x336

さて、1日置いた土曜日は、東の冬季エリアに独り出釣する。sun快晴の空の下、道中の富士川右岸の土手からは、雪を頂いた美しい富士山が迎えてくれた。もちろん、街中を流れる川に設定された釣り区間からも、ふと視線を上げてみれば霊峰富士が目に入る。

Xga2017112523_448x336

釣りの方は、5時間ほどドライフライを流れに浮かべて、中・小型の虹鱒3尾という結果だったけれど、どれもライズを仕留めたものだったので満足だ。大きなオイカワも釣れてくれたしね。

20171125

翌日曜日は、親孝行の日帰りドライブを計画していた。目指すは、フィギュアから続く富士山つながりで、田貫湖から本栖湖へ北上し、下部温泉方面へと西に下って身延山に回るコースだ。
この日もsun晴天に恵まれて、湖越しに見る美しい富士山や紅葉を満喫した。特に、本栖湖から下る国道300号線、通称「本栖みち」から望む紅葉が見事で、何の情報もなかったのに通ったという偶然に、運の良さを感じた。

Xga2017112601_448x336 Xga2017112604_448x336 Xga2017112615_448x336

Xga2017112614_448x336_200x150_2

Xga2017112618_448x336

ただ一つ残念だったのは、ドライブの終盤で母が車酔いしてしまい、楽しみにしていた「とろろやととろ」での夕食に行けなかったことだ。期待どおりに美味しい料理を出してもらえたので、母にはまた日を改めて連れていくとしよう confident

20171126

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2017

小雨なら行ってみよう!

この11月に誕生した、新たな冬季鱒釣り場に出掛けてみようかと考えていた先週末土曜日の天気予報が、午前中に強いrain雨が降るとのことだったので、週末に釣りが出来ないのは寂しいと思い、金曜日に午後から職場を早退してsweat01富士山麓方面へ出かけてみた。

Xga2017111706_448x336

ヒメツルソバの咲く土手の何時もの駐車スペースで、背広から釣り支度に着替える時、なんだか漫画家の酒川郁子先生の作品「俺のスーパートラウト」のワンシーンみたいだよなぁと苦笑いしてしまうcoldsweats01

Xga2017111704_448x336

しかし、現実は漫画のようなドラマチックな場面は訪れず、約3時間で5尾ほどのアタックがあったものの、cameraデジタルキープできたのは、小さな虹鱒1尾のみのいう貧果に終わった。
それでも、最低限の結果は残せたかなぁと思ったところだったthink
 
     rain     cloud     rain     cloud     rain
 
明けた土曜日朝、pc天気予報を確認してみれば、どうやら雨は降っても強くはないらしい。それなら家から遠くはないのだからと思い、西隣の市に試験的に開設された冬季渓流釣り場へ出かけてみた。

Xga2017111845_448x336

自然渓流の約7kmの区間に虹鱒を放流し、2月末まで釣らせてくれるという。日釣り券(しか無い)を1000円で求めて、とりあえず手近な所から流れに降りてみる。
最初にヒットしたのは小さなカワムツで、その後しばらくして待望のレインボウが浅い瀬から躍り出た。

Xga2017111830_448x336

しかし、急な気温低下と冷たい雨の所為か魚達の反応は芳しくなく、午前中はもう1尾を追加するにとどまり、近くのspa温泉施設での昼食後はさらに厳しい状況となって、終わってみればレインボウの釣果は3尾。それでも、主役以外の魚達もドライフライに反応してくれて、まずまず楽しい一日になった。残念な天候のおかげで、渓を独り占めできたというのも、不幸中の幸い?だったかも。

Xga2017111859_448x336 Xga2017111818_448x336 Xga2017111827_448x336

このエリアは、自分が大好きな小渓流タイプということが嬉しい。大物狙いのアングラーには多分満足できないだろうけれど、繊細なタックルで尺以下の魚と戯れることがお好きな方には、是非ともお薦めしたい。

Xga2017111857_448x336

次回は是非、sun晴天の下で、元気な虹鱒達を狙ってみたいなぁwink

2017111807_320x240_240x180

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 13, 2017

錦秋の良き日に

この週末土曜日は、親戚の結婚式heart04にお呼ばれしていた。
そして当日、未明こそthunder雷を伴った強い風雨が県内に来襲してどうなることやらと思ったが、夜が明けてみれば一転してsun秋晴れの好日となってくれた happy01

会場は浜松市中心部のとても立派な結婚式場で、久しぶりに華燭の典に参列してみて、その演出には感心するばかりだった。

Xga2017111107_448x336_320x240

式は「人前式」といって、新郎新婦が誓いの言葉を述べてから指輪を交換し、参列者の拍手で結婚が成立するというもの。神主さんも神父さんも居ないけれど、その分堅苦しくなくて、温かく和やかな雰囲気で進められた。
そして披露宴はshineゴージャスshineに。新婦は人前式の白無垢綿帽子姿から艶やかな色打掛にお色直しし、さらには真っ白なウエディングドレスの美しい姿を拝ませてくれる。

Xga2017111112_448x336_320x240

その間、余興という事でもないが、新郎の両親が嫁を迎える覚悟を示すため、なぜかバンジージャンプに挑むという構成の映像を大スクリーンに流し、会場の爆笑を誘った。結局バンジーは新郎の弟と新婦の兄が見事チャレンジしたのだが、なかなか楽しいドキュメントだった。

Xga2017111129_448x336_320x240

話は前後するが、宴の冒頭の来賓挨拶では、新婦側が「感謝の気持ちは声に出して」と、新郎側は「お互いに相手のことを思いやって」と話されていたが、正にそのとおりsign01だと思う。これから暖かい家庭を築いていく上で、是非とも実践していただきたい。
若い二人から、たくさんの幸せをおすそ分けしてもらった、本当に素晴らしい結婚式だった confident
 
   sun    soccer      fish   sun   soccer    fish

Xga2017111203_448x336

さて、一夜明けた翌日曜日は焼津市民スポーツ祭マスターズサッカー大会に参加。予選リーグ戦を2試合戦って2勝した。自分は2戦とも前半だけ右DFで出場したが、40歳以上の大会という事で、若い?選手達にはなかなかついて行けず、直接失点につながるミスもしてしまって反省しきりだけれど、攻撃陣が頑張ってくれたことに心から感謝したい coldsweats01

Xga2017111204_448x336

そして、午後1時半には解散となったので、試合会場から車で5分ほどの管理釣り場「アルクスポンド焼津(旧ジュネス)」へ行ってみる。
最近経営が変わってリニューアルオープンしたとのことだったが、施設自体は以前のまま、湧き水である水質はクリアで魚達のコンディションも良い。料金体系が変わって、午後は1時間刻みで楽しめるのもありがたく、2時間コース1700円をお支払いして入場した。

Xga2017111210_448x336


ぽかぽか陽気に恵まれたおかげか、エリアは釣り人がぎっしりで、入り込むスキを見つけるのが大変だったけれど、元気なレインボウ達相手に、ドライフライで存分に楽しませていただいた。

Xga2017111214_336x448

こうして、とにかく目出度い土日になったのは、本当に嬉しい限り。次の土曜日は、西隣の市に開設された冬季虹鱒釣り場の様子を見に行きたいと思っている。今週末が、お天気に恵まれると良いのだけれど・・・ wink

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«遊べば愉しき人生かな?